What'New

山田 岳/オスティナーティ

※写真をクリックすると拡大表示になります。

コジマ録音 ALCD-114 ¥2,800 (本体価格)+税

<収録曲>

ジェームズ・テニー/6台のエレクトリックギターとエレクトリックベースのための《七重奏曲》
山根明希子/アコースティックギターのための《毒棘》
鈴木治行/語りとアコースティックギターのための《想起-迂回》
ヴィンコ・グロボカール/アコースティックギターとエレクトリックギターのための《水についての対話》
川上 統/エレクトリックベースのための《ゴライアスオオツノハナムグリ》
山本和智/アコースティックギターのための《ドルドラム 1a》
松平頼暁/エレクトリックギターのための《オスティナーティ》
アルド・クレメンティ/10コースルネサンス・リュートのための《ミケランジェロ・ガリレイの断片に基づくファンタジア》
アルヴィン・ルシエ/アコースティックギターとサイン波のための《月光に輝く散り敷ける落ち葉の上に》

※3曲目「鈴木治行/語りとアコースティックギターのための《想起-迂回》」での語り共演:秋山徹次

<レーベル紹介文>
すでに現代曲のギター演奏における第一人者として多くの作曲家の信頼を得て活発な活動を続けて久しい山田 岳による、1978年〜2016年の約40年間に作曲されたアコースティックギター、エレクトリックギター、エレクトリックベース、10コースルネサンス・リュートを用いた現代作品集。多彩な奏法に加え、語りや電子楽器すら登場し、一枚のCDが内包する世界としては限りなく広大で多様である。聴くものの注意を逸させない透明で精緻な山田の演奏は、これがデビュー・アルバムであることを忘れさせるほど完成度の高い見事なもの。ギターの現代作品集というカテゴリーを大きく超えた、『一人のギタリストによる、現代の音楽集』

♪ 現代作品の演奏はもとより、楽器を用いないパフォーマーとしての活動、ダンサーや造形家とのコラボレーションによる舞台制作など様々な切り口で新しい表現へのアプローチを試みている、今最も先鋭的な活動をされている若手ギタリストの一人である山田 岳さんのデビュー・アルバムです。

現代作品、中でもアバンギャルドな作品はとにかく難解で耳に馴染まないという印象を持たれている方も多いと思いますが、そういったものを一旦忘れ、まばゆいばかりの音群に身を委ねてみると想像以上に美しい響きを発見出来たり、表現における新たな地平を感じることが出来ると思います。

山田 岳さんの類まれな演奏技術、表現センスによる現代の音楽集を是非俯瞰してみて下さい。ちなみにジャケット・デザインは国内外で人気の高いアーティスト、平山昌尚さんによるものです。