What'New

平野智美/<1685>後期バロックの3巨匠−スカルラッティ、ヘンデル、バッハ−

※写真をクリックすると拡大表示になります。

コジマ録音 ALCD-9177 ¥2,800 (本体価格)+税

<収録曲>
スカルラッティ/ソナタ ヘ短調K.184
スカルラッティ/ソナタ ヘ短調K.466
スカルラッティ/ソナタ イ長調K.208
スカルラッティ/ソナタ ホ長調K.216
ヘンデル/組曲第1番イ長調HWV426(クラヴィーア曲集第1集より)
J.S.バッハ/イタリア協奏曲ヘ長調BWV971
J.S.バッハ/半音階的幻想曲とフーガBWV903

♪ 第13回国際古楽コンクール<山梨>チェンバロ部門最高位を受賞、その後、多くの楽団との共演、特にJ.S.バッハの「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」などの宗教曲の演奏の評価も高く、多岐にわたるレパートリーを持つ平野智美さんのソロ・デビュー・アルバムです。

1685年生まれの3人の作曲家、バッハ、ヘンデル、スカルラッティのチェンバロ作品に焦点をあて、後期バロックの3巨匠の作風の違いをことさら強調することなく見事に弾き分け、この時代のチェンバロ音楽ならではの多彩な響きと醍醐味を引き出した好演です。