ギターのはなし

弾きやすさについて(弦長だけで判断しない。)

弾きやすさというのはとても大切なことです。やたらと大きかったり、ゴツゴツしていたり、張力が馬鹿に強くて指を痛めるようでは困りますが、多くの皆さんが錯覚、あるいは思い込んでいる「弦長」について考えてみましょう。

弦長ばかりを問題にしていませんか? かつて60年代、70年代、ラミレスの影響が大きかったと思うのですが、弦長660ミリ以上でボディーも大き目のギターが数多く作られた時代がありました。大きいギターは大きい音を出し易いというわけで、安易に大型化した時代でした。
しかし、80年代に入ってから、無理に大きなギターより身体に合ったギターで楽々と弾いた方が伸び伸びとした演奏になりますし、音量についても別に問題はないということが判っていたこともあって、650ミリのギターがむしろ主流になりました。

ただ、ここで一つの錯覚が生じました。弦長650ミリ、あるいはそれ以下が弾きやすいギターの前提条件になってしまったことです。弾きやすさに通じるギターの大きさが、弦長のみで判断されるようになってしまったことです。

弾き易さとは、弦長以上にネックの形状(幅や厚さ)やボディーの大きさと厚さ、更に弦高や張力に左右されることを知ってください。例えば、650ミリのラミレスより660ミリのアグアドや657ミリのオリベの方がずっと弾きやすいことをご存じですか。
小柄な方、特に指の短い方ならともかく、平均的な日本人男性の体格ならば660ミリ位まではあまり問題にならないはずですので、弦長にこだわるよりも実際に弾きくらべてみて、弾きやすいかどうか判断しましょう。