ギターのはなし

ギターの買い替え(グレードアップ)の前に

1.買い替えの時期とポイント


(1) ホップ、ステップ、ジャンプ方式で

現在ここをお読みの方は、ほとんどがギターをお持ちの方と思いますので、「買い替え」に絞って話を進めましょう。多くの方は最初数万円の量産ギターでスタートなさっていることでしょう。恵まれていて最初から手工品という方もおいででしょうが。

ともあれ皆さんは「ホップ」の段階は終えているわけですが、ギターを持って1~2年、あるいは2~3年もすると、もう少し上のランクのギターが欲しくなるのは当然です。
経済的に余裕があるか、腕前が上がったか、腕前が上がらないのはギターの所為と責任をギターに押し付けるか……は、別にして当然なのです。

そこで考えて欲しいのは、ギターを弾くということは一生涯続けることができる楽しみですから、どうしても一気に「ジャンプ」したい人は別にして、一般的にはステップ、ジャンプと3段階を考えたら如何でしょうか。まだギターのことをよく知らない段階でいきなり「ジャンプ」するより良い結果が期待できるに違いありません。

ホップ(スタート) → ステップ(1~3年後) → ジャンプ(5~10年後)
量産品 → 30~50万円の手工品 → 80万円以上の手工品輸入品
手工品 → 50~80万円の手工品 → 100万円以上の輸入品

上のような図式が考えられます。ここで「ジャンプ」は80万円以上としましたが、この「以上」というのは大変な幅があって最高価格(必ずしも最高品という意味ではありません)では500万円位までも各種ギターがあるのです。この辺になると経済力が物を言いそうですが……。



(2) いつ「ステップ」あるいは「ジャンプ」するのか

何となく、良いギターが欲しくなった、少し腕前が上がったせいか先生に勧められて、あるいは友人のギターがどうも自分の物より良いので……等きっかけは沢山あることでしょう。

ここでのポイントは、何といっても「自分のギターに飽き足らなくなった時」でなくてはいけません。「ステップ」であろうが「ジャンプ」であろうが、あくまで「このギターじゃダメだ」と感じた時が次の段階へのグレードアップ時期であるべきです。よく判らないのにギターだけは高いものにするなんて愚の骨頂、無駄遣いです。良いギターを持てば腕が上がる、とよくいわれますが、良いギターを持つことの必要性と、持ったことをちゃんと判ることで初めて腕が上がるのです。ここは大切なところです。自分のギターに飽き足らなくなり、より良いギターを「確かに違うな」と判って初めて、買い替えが成功、ということです。

ギターの良否が判断できないうちは、買い替えは控えましょう。ちゃんと判って初めてグレードアップの結果の満足と、それに伴う腕前の上達が得られるのですから、判らないうちは決して買い替えなどしない方が得策です。人の意見なども聞く必要はありません。ギターを買い、弾くのはあなた自身なのですから。



2.耳を鍛えましょう

判らない内は買うな、が原則です。でも、ずっと判らないままではいくら何でも淋しいですね。腕前だってまるで上がっていないに違いありません。腕が上がってくれば当然現在使用中のギターには飽きたらなくなるものですが、さて、その次の段階のギターを選別するという難しい問題が生じました。自分のギターには飽き足らないが、かと言って上のクラスのギターを自分で判断できるだろうか、という状態です。
ギターの良否が判らないうちは買い替えを控えた方が良いのですから、ここで自分の耳を鍛える必要が出てきた訳です。友人のギターが良いギターだと判りますか。先生のギターはもっと上のギターだと判りますか。これは第一段階に過ぎないのです。何故なら、自分のギターよりずっと高額のギターなら大抵の場合、やはり良いというのは当然でしょう。こんな段階で買い替えをしてしまって失敗なさる方は意外と多いのです。本当に大事な事は、あなたの買い替え予算(例えば50万円)の範囲内のギターでもいろいろあるのですから、同じ価格のギターの中でどのギターが良いのか、自分にあっているのはどのギターかを判断できなければ、意味がないでしょう。これこそ買い替えで一番大事なことなのです。

そこで、耳を鍛えましょう。弾き易さや外観の美しさは誰でも判ることですが、音という全く捉えところのないものを、基準の中心に据えなくてはならないのですから、何としても耳を鍛えなければなりません。



3.耳の鍛え方、どうすれば耳は良くなるか

ギターの一番大切な、そして他の楽器とは比べ物にならない長所、それは音色です。その音に対する感覚を育てない限りギターを持つ意味はガクンと小さくなってしまうのではないでしょうか。良い音とそうでない音をはっきり識別するのは、実は容易なことではありません。長い経験と、好みに対するはっきりとした認識を併せ持つことが必要でしょう。


*数多くのギターを弾いてみましょう。
友達のギターでも、あっ、いい音だな、と感じたら弾かせてもらいましょう。この場合、あくまで自分で弾いた音で判断してください。人が弾いているのを聴いているだけでは、絶対に、音に対する感覚はほんの僅かしか向上しません。自分で弾いて初めてその音質がよくわかるようになるものなのです。何故なら、あなたはずっと弾いている自分のギターに対する評価は規準として持っているのですから、他のギターを同じ条件(すなわち、自分で弾くこと)で比較しなくては意味ないことになります。人が弾いている時は良いと思ったけれどそれ程ではなかった、ということは結構あることなのです。自分よりはるかに上手な人が弾けば、それ程たいしたギターでなくとも良い音を出すのは当然です。あなたは自分のギターの能力を50%しか出していないかも知れないけれど、相手はそのギターを能力一杯響かせている可能性は十分あるでしょう。それに、あなたがギターの持つ能力の50%しか出せないとしても、試してみるギターでもその能力の50%というように同じ割合で弾くわけですから、ちゃんと優劣を判断できるという訳です。


*レコード(CD)の聴きくらべをしましょう。
人間の耳というのはかなりいい加減なところがあり、同じ音を聴き続けるとその音に慣れてしまい易いのです。「あれっ、この音軽っぽくて嫌いだな。」なんて聴き始めたはずが、5分もしないうちに気にならなくなって音楽だけを聴いていたりするのです。でも、すぐに他のCDを聴いてみてください。前の音に慣れているはずの耳がちゃんと音色の違いを聴き分けてくれるはずです。同じ音にはすぐ鈍くなるくせに、他の音には常に敏感、これが人間の耳です。


*聴きくらべた結果をただ何となく感じることから、言葉に表してみましょう。
これは実物のギターを弾き比べる時も全く同じなのですが、この「言葉ではっきり音の特徴を表現する」ことは大変役に立ちます。
明るい、暗い、軽い、重い、伸び伸びしている、詰まり気味の、よく広がる、抜けが良い、分離が良い、重厚な、男性的な、女性的な、艶っぽい、色彩感がある、力強い、サラッとした、ねばり強い、透明感のある、線が太い、細い、ザラザラした、すっきりとした、滑らかな、気品のある、等々あらゆる形容詞を聴いた音に当てはめてみましょう。初めてのギターを弾いた途端、いくつかの形容詞が浮かぶようになったら、あなたの耳はかなり鍛えられてきたと言えましょう。


*ギター専門店のハシゴをしましょう。
ギター専門店をちょくちょく訪ねてその都度数本のギターを弾かせてもらいましょう。冷やかしで構わないのです。出来たらハシゴしてください。店によっては、すぐ買いそうでない客に何本も弾かれるのを嫌がるかも知れません。そんな時は「1年後には買いたいと思っているので」というように話して理解してもらいましょう。


※お店の試奏で注意して欲しいことは……
・ ボタンやネクタイピンでギターを傷付けないようにしましょう。
・ 汗をかいたままの状態では弾かないでください。セラニックニス仕上げの高級品は湿気に弱く、すぐ白く変色してしまいます。
・ 左手親指を立てる癖がある人は、爪キズを付けないように特に注意しましょう。
・ あくまで自分の耳を頼りにしてください。もしよく判らない時、店の人の意見を聞くのは悪いことではありませんが、あくまで参考に留め、自分の耳で判断できる時期を待ちましょう。そう、きっとご自分で判断できるときが来るものです。