ギターのはなし

良いギターとは ~ギターファンの陥りやすい判断の誤り~

ギターは沢山の短所のある楽器です。例えば、音が小さい、したがってダイナミックレンジが狭い、音域が狭い、どんな和音でも出せる訳ではない、それに加えてやたらに難しい……。では、どうしてギターが素晴らしい楽器なのでしょう。
長所としては、価格が安いものから始められる、一人で楽しめる、持ち運びに便利、1台でメロディ・コード・リズムの全てを表現できる、さらに、単純なコードでも実際より厚く感じられる……等々が挙げられますが、何と言っても決定的なものは、「あらゆる楽器の中でもっとも美しい音で、弾き手の感情を直接表現できる」ことにあるのです。
弦楽器の中で、指で直接弦を弾くのはギターとハープだけですが、微妙なニュアンスが出せることで圧倒的にギターが優れています。
要するに、ギターの良さとは「音の美しさ」に尽きると言って過言ではありません。したがって良いギターとは、「美しい音を出せるギター」と言えます。「音の美しさ」と言ってもまるで抽象的で掴まえどころのない話です。そこで、この「音の美しさ」をもう少し具体的にイメージできるお手伝いをさせてください。これこそが、「良いギター」を手にするために一番大切なことなのですから。
「美しい音」を自分なりに(美しい音に対するイメージは一人一人違っていて構わないと思うのですが)はっきり把握するために手助けとなるポイントを次に挙げてみましょう。
それらは言葉の純粋な意味での「美しさ」を直接的に論ずるのではないのですが、音楽を表現する道具であるギターに必要なものは一体何か、ということには全て関係しています。それこそが「良いギターとは何か」に対する答えに結び付くはずです。


1.高音ばかり良く鳴るギターは要注意

ギターファンのほとんどがメロディー重視の誤りに気付いていません。ギターを選ぶ時、高音(特に1、2弦)の鳴りかたが一番気になりませんか? 当然、高音は美しく伸びやかに鳴り響かなくてはいけないのですが、問題は、どんな音なら鳴り響いていると言えるのか、です。ついつい、1弦が鳴っているギターを良いギターと錯覚しやすいのですが、1弦と同じように、いやそれ以上に中低音が鳴り響いているかに注意を払いましょう。これは簡単な例をあげればすぐ理解して頂けます。ピアノの最低音と最高音の鳴り方を比較してみて下さい。グワーンとなる低音に比較すれば高音はピンピンと、か細く鳴っていませんか。でもこれでバランスが取れているのです。何故でしょうか。人間の器官というのは、非常に便利、合理的にできていて、耳の場合なら、例えば本を読むのに夢中になれば周りの音を全く聴こうとしませんし、聴きたい音があればちゃんとその音を他の音から選別して聴くことが出来るということは皆さんよく経験なさっているはずです。ですから、メロディー部分 (高音に多いわけですが)は少し小さめでも、しっかり聴いているわけです。逆に言えば、メロディー部分以外は少し強めで丁度良いということが言えます。
「和音を弾く場合、下の音を少し強めに弾きなさい。(要旨)」(藤原義章著「リズムはゆらぐ」)ということは演奏上の注意ですが、楽器本来の性能的にも同じことが言えると思います。土台がしっかりしていない音はやはりダメで、高音だけが鳴っているのでは結局音楽が薄っぺらなものになってしまうというわけです。何故かギターファンには高音重視主義の人が多いのですが、面白いことに、ギタルラ社が1965年の創業以来扱ってきた銘器中の銘器といわれるギターは全て低音が充実して鳴り響き、高音部は決してファンファン言うのではなくピーンと突き抜けるか、スイスイと抜けの良いギターばかりでした。


2.倍音がやたらに多いギターは要注意

よく芯があるとか、芯が強いとか言います。これも難しいですね。「芯」というのは「基本の音、或は実音」と理解して下さい。要するに、今弾いた音そのものです。実際には、弦が振れて楽器が反応し、更に他の弦が共振することで多くの倍音が発生し、複雑な響きが生まれているのです。例えば、1弦の12フレットを押さえて、弾いた直後に右手で1弦のみを消音してみて下さい。消音したはずなのにファーンと響きが聞こえますね。これが倍音なのです。
さて、この倍音が豊かに鳴ると実に気持ちよいものです。風呂場で歌ったり、エコー付のカラオケマイクを思い浮かべれば一番近い感覚でしょうか。ところが、ついついそうした倍音の多いギターが良いギターだと錯覚してしまうことが問題なのです。絶対に必要なものだけれど、それだけではそれこそ絶対ダメというのが倍音です。何故なら、手許では良く響いていて気持ちよいけれど、倍音には遠鳴りする力はありませんし、和音が濁ってはっきりしなくなりますし、中低音にメロディーがきた時などモコモコしてしまう等々の欠陥がどうしても出てしまう上に、結局そうしたギターは耳が疲れ易かったり、音が単調ですから音色そのものに「飽き」が来やすかったりするものなのです。従って、良いギターは必ず「芯のある」ギターなのです。
正直に言いましょう。最近の海外からの若手演奏家は実は芯が細く、倍音のやたらに多いギターを使っていることが多くなりました。素晴らしい名手揃いではありますが、音は軽く、ピャンピャンとかヒュンヒュンとか表現される音ですから、どうしても心に訴える力は弱く、「上手いなぁ」以上の感銘を余り感じないのは音そのものの力に一端の問題があると思うのです。ヨーロッパやアメリカでは、日本にはいくらでもある銘器に出会うのは全く希なことです。しかも価格も日本国内とほとんど同じという事情から、彼等が自分の意見を反映させやすい製作家にギターを作らせるのは判りますが、世界一流のバイオリニストが現役製作家の作品を弾いているなんてことはまずないのですから、どうもそうしたギタリストの意識と感覚に問題がありそうです。ギタルラ社を訪れた、ある有名ギタリストがアグアドやフレタを弾いて「高くて買えない。」と言ったのにはあきれたものです。彼より経済的には決して恵まれているとはいえないはずの日本のギタリストが借金してでも最高のギターを求めようとしているのに、何という違いでしょう。音の良さについて言えば、日本人はむしろ日頃から最高のギターを身近に弾いたり、聴いたりできるだけにもっと自信を持っていいはずです。演奏家の方々も自分が追求してきた音を更に推し進めていって良いと思います。
最初にギターは「音の美しさ」が一番と言いました。「美しさ」というのは決して単純な意味ではないのです。この一番大切なことを抜きにしてはギターを弾く意味が薄れますね。


3.ウルフトーン(狼音)が余りはっきりしているギターは要注意

ギターは一つの箱(共鳴体)です。従ってその箱が一番鳴り易い音の高さというものを必ず持っています。試しにご自分のギターの1弦開放弦から12フレットまで、ゆっくりと同じ力で順々に弾いてみて下さい。必ず2ケ所、隣の音より良く鳴る、或は響くと感じる場所が見付かるはずです。1オクターブの中で2ヶ所特に共鳴し易い、これはギターに限らず、アコースティック楽器全てに生じるのですが、実はこれこそがウルフトーンと呼ばれ、よく鳴っているのではなく、狼が吠えているのに似ているという意味からつけられた名前なのです。では、このウルフトーンがない楽器はないのでしょうか。結論から言えば、ありません。でも、目立たない楽器は数多くあります。即ち、ギターでいえばフレットとフレットの間にウルフの場所が来ることで、どちらの音も余り目立たないという訳です。この辺りが鳴り易いかな、という位が良いギターの条件を満たしていることになります。
ウルフがあって困る場所というのがあります。それは丁度開放弦にぴったり合ってしまう時で、特にミ、レ、ラは実用上困る場合が多く、避けたいものです。ミにある場合、1弦12フレットもよく鳴る訳で、アマチュアは「このギターは良く鳴る。」なんて錯覚しやすいので気をつけましょう。大体ミ音などは他に共鳴し易い弦を元々いくつも持っているのですからウルフ等避けなくてはいけない位置なのです。要するに、どこかの箇所が「極端に」ウワーンと鳴るのは悪いことであり、或る音にぴったりとウルフが来ているギターは、その音が大事なところでよく使う音の場合は避けましょう。
「極端に」と書きましたが、極端でなければギターの場合には、ご自分の楽器の特徴として演奏時に気をつければ済む場合が多いからです。ヴァイオリンのような弓奏楽器は、全く「楽音」にならないのですが、ギターはそれ程ひどいのはマレであることも頭に入れておいて頂きたいと思います。銘器フレタやハウザーのほとんどにかなりのウルフがあるのも事実ですから。


4.鳴らないギターの音は「美しい」

ギターは他の楽器に比べて音量の小さい楽器です。ですから少しでも音量のある楽器は良いギターといえますが、音量を追求すると音質とのバランスが難しくなります。しかし、そこのところを克服しているギターが本当に良いギターなのですし、そうしたギターはちゃんと存在しているのです。
時々、「私は音質重視なので、音量はなくても美しい音のギターを選ぶ」という人がいて、まるで鳴らないギターを後生大事に持っていたりします。音質重視は結構なのですが、こうした人は「音質」という意味を非常に狭く捉えていると言えましょう。電子楽器の音はその純粋さから言えば誠に「美しい」のですが、それを美しいと感じる人は少ない筈です。楽器である以上、しかも音量の小さいことが欠点とされるギターである以上、よく鳴り響いて、しかも多彩な表現に応えうる美しい音、これこそが求められねばなりません。鳴らないギターは、貧弱な基音と、ほんの僅かの倍音しか持ちませんから、音そのものは純粋ですっきりしています。要するに「美しい」のです。でもそうしたギターから生まれる音は、表現の幅も当然狭く、魅力的な音であるはずもないので、結局のところ奏者を満足させることも出来なくなるに違いありません。


5.重い音と軽い音

野球投手の球に重い軽いがあるように、ギターの音にも重い軽いがあります。重い音、というのは決して鈍い感じではなく、結構敏感でありながらズーンと質感をもって伸びる音です。遠達性に優れているだけでなく、音楽表現上もオールマイティーな利点を持ちます。というのは、重い音は弾きかたによって軽く聞こえるようにもできるからです。この逆は不可能なのです。従って、鋭敏さを備えていれば「重い音のギター」は大変良いギターと言えます。「鋭敏さ」と「重さ」とは決して相反するものではないことを記憶しておいてください。
さて、上のように言うと軽い音はそれだけでダメなように聞こえてしまいます。しかし、決してそんなことはありません。歴史的な銘器の中にはむしろこの軽いタイプの音を出すギターの方が多いのですから。問題は、ただ軽いだけではやはりダメということにあります。「軽いけれども良い」ためには、高音部がキツイ或は強い、或は引き締まっている感じで、低音部はゴーンといわゆるドスのきいた響き、そして全体的には優れて鋭敏なことが必要不可欠です。こうした音なら決して軽っぽく聞こえることはありませんしし、ゴーンと鳴る低音などは、よく重い音と間違われることがある位です(あの迫力あるフレタの音は分類すれば軽い方に入るのですヨ)。