コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

【チケットのご購入方法】


(1)ご来店
お支払い方法:現金のみ(クレジットカード不可)

(2)ご郵送
お申込み受付期限:公演日の約1週間前まで。
お支払い方法:郵便振替または銀行振込(コンビニ決済不可)

※チケットと一緒にお振込み案内を同封いたします。郵便振替をご希望の場合は専用の振替用紙を同封いたします。お手元に届き次第お支払いをお願いいたします。送料および振込手数料はお客様負担となります。

※ご注意:お申し込み後のキャンセルおよび払い戻しは承りません。公演、会場、当日券の有無につきましては主催元様へ直接お問い合わせ下さい。

シリーズイベント

〜みんなでつなぐ〜D.スカルラッティ『鍵盤ソナタ』全曲リレーコンサート555曲!!参加者募集

【企画内容】
ナポリ生まれで、ポルトガルやスペインで優れた音楽家として活躍した作曲家ドメニコ・スカルラッティ(Domenico Scarlatti、1685−年10月26日-1757年7月23日)は、ポルトガルの王女の鍵盤教師でもありました。彼は王女のために書いた曲をはじめ、555曲を超える鍵盤曲を生み出しました。本企画はその鍵盤曲の全てをリレーで弾き継ぎ、また聴き継いでみようとの試みです。スカルラッティが生きた時代の楽器“チェンバロ”がメイン楽器となりますが、他の楽器や、それらのアンサンブルでもOK。超絶技巧も難なくクリアできたり、新しい魅力を発見する機会となるかもしれません。プロ・アマ問わず奮ってご参加ください!
【日時】
第1回:2018年10月21日(日) 演奏曲:K.1〜K.110
第2回:2018年11月18日(日) 演奏曲:K.111〜K.220
第3回:2018年12月9日(日) 演奏曲:K.221〜K.330
第4回:2018年12月22日(土) 演奏曲:K.331〜K.440
第5回:2019年1月14日(日・祝)演奏曲:K.441〜K.555
【申込受付期間】
演奏希望者:2018年5月21日0:00から
・第1回、2回締切:2018年10月1日0:00まで。
・第3回〜第5回締切:2018年11月1日0:00まで。

聴講希望者:2018年5月21日0:00から受付開始。
※お席がなくなり次第申込終了となります。
【参加費】※当日徴収
演奏する方:1日につき¥1,800。※ピアノを使用する方は時間辺りの追加料金がかかりますのでご相談下さい。ピアノ以外の他の楽器の方は追加料金は発生しませんがご相談下さい。

聴講のみの方:1日につき¥500。
【お申込みの流れ】
1.Webサイト内の曲の申込状況から、ご希望の曲の演奏者が決まっていないことをご確認ください。(この作業は聴講希望者は不要です)
2.サイト内の申込みフォームからお申込みください。
3.D.スカルラッティ ソナタ全曲リレー実行委員会( scarlatti558@gmail.com )より、数日後に受付のメールを差し上げます。これでお申込み完了となります。
※万が一、1週間経ってもメールが来ない場合は、お手数ですが scarlatti558@gmail.com までメールをくださいますようお願いいたします。
【お申込みの際の注意事項】
・最新の情報についてはWebサイトをご確認ください。
・1曲から各回10曲まで、計50曲までエントリー可能です。(K番号単位で1曲とみなします。例:K.91は4楽章合わせて1曲とカウント)
・先着順とします。
・当日のリハーサルはありません。
【キャンセルについて】
各回8日前の0:00までにキャンセルのご連絡なく当日演奏されない場合は、その回の参加費をいただきます。※演奏曲を減らす場合にも必ずキャンセル期日までにご連絡をくださいますようお願いいたします。

第1回:10月13日の0:00まで。
第2回:11月10日の0:00まで。
第3回:12月1日の0:00まで。
第4回:12月14日の0:00まで。
第5回:1月6日の0:00まで。
【会場】
スタジオ・ピオティータ
【当日の楽器について】
チェンバロ:堀 栄蔵製作 後期フレンチ、タスカンモデル(2段鍵盤8+8+4)。音律は1/6pc分割によるLehmann。ピッチはA=415Hz。ピアノ:1931年製(1990年リビルド)スタインウェイ。
【お問い合わせ】
D.スカルラッティ ソナタ全曲リレー実行委員会( scarlatti558@gmail.com )まで。

委員長:彪前ー子
この団体は「D.スカルラッティ鍵盤ソナタ全曲コンサートを日本で実現した」と願うチェンバロ愛好家たちが集結、その熱い思いにチェンバロ奏者 彪前ー子が賛同し、結成された団体です。

2019年1月のイベント、講習会等

【日時】
2018年12月〜2019年1月
【タイトル】
ストゥディオ・フォンテガーラ リコーダーセミナー 〜初心者から上級者まで〜
【テーマ】
全ての管楽器でそうであるように、リコーダーを演奏する時も、正しい持ち方や息使いで吹くことは、よい音を出すための大 切な条件です。ただ、この楽器にはごくシンプルで、すぐ音が出る、という手軽さがあるため、初歩の段階における基礎の導入 があいまいにされがちです。基本をよく理解して身に付けていかないと、どんな難曲を吹けるようになっても、色々な演奏上の 不都合が生じてきやすいものです。ストゥディオ・フォンテガーラのセミナーではよい音作りを第一に取り上げています。そして 基礎をしっかり押さえた上で、息、指、舌についての細かいテクニック、更には楽曲の読み方、解釈の仕方まで、受講される方 のレベルに合った指導を行っています。もっと豊かな音を出したい、楽に演奏したい、曲の持つ意味を理解したい、さらにテク ニックのレベルアップがしたい、そんな方達のためのセミナーです。
【内容】
●セミナー 1 アルトリコーダーと通奏低音 レオナルド・レオ 「7つのソナタ」
12/22(土)午前10時〜午後4時 講師:ブラジェッティ、田中

●セミナー2 リコーダー奏法の基本(アルトリコーダー)
1/12(土)午前10時〜午後4時 講師:ブラジェッティ、田中

●セミナー3 リコーダー2重奏(S+A or T+B) アンジェロ・ベルタロッティ「50のソルフェッジ」
ソプラノとアルト、またはテナーとバスでの組み合わせが可能です。ご希望の楽器でご参加下さい。
1/26(土)午前10時〜午後4時 講師:田中
会費:全日
9,000

●Studio Fontegaraアンサンブルクラス(個人参加、5回レッスン後 ミニコンサート)
5回のレッスン後1月27日(日)14:30よりミニコンサートで受講曲を発表します。レパートリーは主にルネッサンスですが、バロック、現代も含みます。曲の持つ面白さを最大限に引き出しつつも常に基本をを忘れず、豊かな響きのある合奏を目指します。個人でお申し込みください。
日程:12月23日 1/6 1/13 1/20 1/27全て(日)10:00〜12:30 ミニコンサート出演料を含めた会費:22,000
講師:田中、ブラジェッティ(ブラジェッティは 銑2鵑里)

リコーダーセミナーについて
★受講曲の演奏が可能であれば、どのセミナーにもお申し込み頂けます。
★通奏低音つきセミナーのチェンバロ伴奏は講師が行います。
★必要な受講曲の楽譜は事前に E メールのファイル等で送付致します。
★各セミナーとも定員(約15名)に達し次第〆切となります。
★学生の方には割引を適応致しますのでお問い合わせ下さい。
【会場】
ストゥディオ・フォンテガーラ JR「池袋」駅10分、メトロ「東池袋」駅8分
【ご予約・お問い合わせ】
FAX、メールにて申込事項をご記入の上、ご送信下さい。後日確認のご連絡を致します。
申込事項: 1.氏名(ふりがな) 2.年齢 3.住所 4.電話&FAX番号、メールアドレス 5.職業 6.希望セミナー 7.受講希望曲 8.使用楽器、ピッチ 9.アンサンブルの希望担当パート 10.当セミナーをどこで知ったか 11.あなたのリコーダー歴 12.レパートリー 13.セミナーへの希望、主に学びたいことなど
【コンサート】
◆Studio Fontegaraミニコンサート第9回
2019年1月27日(日)14:30開演 入場無料
参加費1000 チェンバロ伴奏付参加費4000 チェンバロ使用料(調律付)3,000
◆ストゥディオ・フォンテガーラ 受講生による演奏会 第9回
2019年4月26日(金)12:00 東京オペラシティ 近江楽堂
◆リコーダーオーケストラ"ソナトーリ・デル・フォンテゴ"第12回演奏会
2019年9月1日(日)15:00 池袋 自由学園 明日館
お問い合わせ
Tel03-3983-3486 fax03-3984-6086
Email studiofontegara@eagle.ocn.ne.jp

2019年2月のイベント、講習会等

【日時】
2019年2月9日(土)、10(日)、11日(月・祝)
※開始9日(土)13:30〜終了11日(月・祝)17:00
【タイトル】
古楽金管セミナー 2019
『古楽金管を☆知ろう☆学ぼう☆楽しもう☆ Vol.2』
【内容】
1. 個人レッスン、アンサンブルレッスン、オケスタレッスン(シュッツ、バッハ、ヘンデル、モーツアルト、ベートーヴェンetc.)

2. バス歌手:渡辺祐介氏、通奏低音:能登伊津子氏をゲストにアンサンブルレパートリーにも挑戦。

3. 受講生の発表会(通奏低音付き!)および講師による『ミニコンサート』

※楽器をお持ちでない方もお貸ししますので、お気軽にご相談下さい。楽器をお持ちの方、各協会員は割引料金適用。
【講師】
ナチュラルホルン(今回初登場):藤田麻里絵
ナチュラルトランペット、バロックトランペット、キートランペット:霧生貴之、杉村智大
サクバット、クラシカルトロンボーン、スライドトランペット:宮下宣子
【参加料】
*全日参加(楽器貸与付)¥30,000 古楽器をお持ちの方及び各協会員¥27,000
*1日参加(楽器貸与付)¥15,000 古楽器をお持ちの方¥14,000

※各協会会員特典=1日参加(楽器貸与付)¥10,000 古楽器をお持ちの方¥9,000
【聴講料】
1日につき¥5,000
【食事】
別途。宿泊:希望者は同施設5人部屋¥4,320(先着順。お申込みはお早めに。満室になり次第〆切)
【会場】
BumB東京スポーツ文化館(宿泊付き施設)
【お申込み・お問い合わせ】
宮下宣子まで。sackbutnm@gmail.com ※〆切は2019年1月15日(火)



【日時】
2月16日(土)/ 10:30〜12:30(2時間)
【タイトル】
教会と音楽セミナー 第6回 中世芸術の宝庫・エストニア

<講座内容>

1:国と民族―エストニア独立までのあゆみ

2:タリンの街と音楽
・ドミニコ修道院(15世紀、初期の音楽教育の拠点)
・聖オラフ教会(16世紀、付属学校での音楽カリキュラム)
・聖ニコライ教会(バッハも尊敬したリューベックのオルガニスト・ブクステフーデの弟子たちの活躍)
・聖霊教会(リューベックの有名彫刻家による祭壇、16世紀由来20世紀建造の大オルガン)
・グスタフ・アドルフ・ギムナジウム(スウェーデン王が作った現存するヨーロッパ最古の中高等学校)

3:エストニアの独立と「歌の祭典」

【講師】
渡邊 温子(わたなべ あつこ) 
チェンバロ奏者、武蔵野学院大学・大学院非常勤講師

国立音楽大学、ドイツ・ヴュルツブルグ音楽大学卒。有田千代子、グレン・ウィルソン諸氏に師事。
2012年より3年間ワシントンDCに滞在、アメリカ古楽界を牽引する演奏家と共演。
現在は演奏活動とともにメールマガジン「月刊バロック通信」や市民講座を通じて古楽の魅力を広める。
2016年武蔵野学院大学・大学院非常勤講師。タニタ楽器音楽教室チェンバロ科講師。日本チェンバロ協会会員。
ブログ:チェンバロ弾きのひとりごと

【会場】
Space415

【参加費用等】
1名:¥3,500
2名(ペア割引):¥6,500
※高校生以上の方が対象です。事前予約とお振込みが必要です。
※お申込み期限:2019年2月12日(火)お振込到着分まで

【予約・お問い合わせ】
株式会社 アイ・ティ・エス
Eメール:info@i-travel-suare.tokyo
TEL:03-6406-4700