コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

【チケットのご購入方法】
(1)ご来店
お支払い方法:現金のみ(クレジットカード不可)

(2)ご郵送
お申込み受付期限:公演日の約1周間前まで。
お支払い方法:郵便振替または銀行振込(コンビニ決済不可)

※チケットと一緒にお振込み案内を同封いたします。郵便振替をご希望の場合は専用の振替用紙を同封いたします。お手元に届き次第お支払いをお願いいたします。送料および振込手数料はお客様負担となります。

※ご注意:お申し込み後のキャンセルおよび払い戻しは承りません。公演、会場、当日券の有無につきましては主催元様へ直接お問い合わせ下さい。

1 2 

シリーズイベント

〜みんなでつなぐ〜D.スカルラッティ『鍵盤ソナタ』全曲リレーコンサート555曲!!参加者募集

【企画内容】
ナポリ生まれで、ポルトガルやスペインで優れた音楽家として活躍した作曲家ドメニコ・スカルラッティ(Domenico Scarlatti、1685−年10月26日-1757年7月23日)は、ポルトガルの王女の鍵盤教師でもありました。彼は王女のために書いた曲をはじめ、555曲を超える鍵盤曲を生み出しました。本企画はその鍵盤曲の全てをリレーで弾き継ぎ、また聴き継いでみようとの試みです。スカルラッティが生きた時代の楽器“チェンバロ”がメイン楽器となりますが、他の楽器や、それらのアンサンブルでもOK。超絶技巧も難なくクリアできたり、新しい魅力を発見する機会となるかもしれません。プロ・アマ問わず奮ってご参加ください!
【日時】
第1回:2018年10月21日(日) 演奏曲:K.1〜K.110
第2回:2018年11月18日(日) 演奏曲:K.111〜K.220
第3回:2018年12月9日(日) 演奏曲:K.221〜K.330
第4回:2018年12月22日(土) 演奏曲:K.331〜K.440
第5回:2019年1月14日(日・祝)演奏曲:K.441〜K.555
【申込受付期間】
演奏希望者:2018年5月21日0:00から
・第1回、2回締切:2018年10月1日0:00まで。
・第3回〜第5回締切:2018年11月1日0:00まで。

聴講希望者:2018年5月21日0:00から受付開始。
※お席がなくなり次第申込終了となります。
【参加費】※当日徴収
演奏する方:1日につき¥1,800。※ピアノを使用する方は時間辺りの追加料金がかかりますのでご相談下さい。ピアノ以外の他の楽器の方は追加料金は発生しませんがご相談下さい。

聴講のみの方:1日につき¥500。
【お申込みの流れ】
1.Webサイト内の曲の申込状況から、ご希望の曲の演奏者が決まっていないことをご確認ください。(この作業は聴講希望者は不要です)
2.サイト内の申込みフォームからお申込みください。
3.D.スカルラッティ ソナタ全曲リレー実行委員会( scarlatti558@gmail.com )より、数日後に受付のメールを差し上げます。これでお申込み完了となります。
※万が一、1週間経ってもメールが来ない場合は、お手数ですが scarlatti558@gmail.com までメールをくださいますようお願いいたします。
【お申込みの際の注意事項】
・最新の情報についてはWebサイトをご確認ください。
・1曲から各回10曲まで、計50曲までエントリー可能です。(K番号単位で1曲とみなします。例:K.91は4楽章合わせて1曲とカウント)
・先着順とします。
・当日のリハーサルはありません。
【キャンセルについて】
各回8日前の0:00までにキャンセルのご連絡なく当日演奏されない場合は、その回の参加費をいただきます。※演奏曲を減らす場合にも必ずキャンセル期日までにご連絡をくださいますようお願いいたします。

第1回:10月13日の0:00まで。
第2回:11月10日の0:00まで。
第3回:12月1日の0:00まで。
第4回:12月14日の0:00まで。
第5回:1月6日の0:00まで。
【会場】
スタジオ・ピオティータ
【当日の楽器について】
チェンバロ:堀 栄蔵製作 後期フレンチ、タスカンモデル(2段鍵盤8+8+4)。音律は1/6pc分割によるLehmann。ピッチはA=415Hz。ピアノ:1931年製(1990年リビルド)スタインウェイ。
【お問い合わせ】
D.スカルラッティ ソナタ全曲リレー実行委員会( scarlatti558@gmail.com )まで。

委員長:彪前ー子
この団体は「D.スカルラッティ鍵盤ソナタ全曲コンサートを日本で実現した」と願うチェンバロ愛好家たちが集結、その熱い思いにチェンバロ奏者 彪前ー子が賛同し、結成された団体です。

シリーズ講習会

【中世ハープワークショップ】
楽しみながらじっくりハープを弾いてみませんか?中世時代はどのようなハープを、どのような体勢で、どのような手の動きで弾いていたか?それはどうしてか?

モダンハープとは全く事なる中世ハープの演奏法を知り、それを演奏に活かすことが大切です。当時の作品を通して中世の音楽づくりを勉強していきます。
【日時】
5月25(金)
5月27日(日)
6月29日(金)
7月1日(日)
7月27日(金)
7月29日(日
※金曜日:10:30〜13:00 日曜日:13:00〜15:30
【講師】
小坂理江

<プロフィール>
吟遊詩人の精錬された旋律やアルス・ノヴァなどの多彩で豊な響きに出会い、中世・ルネサンス音楽に傾倒する。ロンドンのトリニティ音楽院古楽科にて古楽声楽を、また奨学金を得てギルドホール音楽演劇学校大学院古楽科に入学し、古楽ハープをアンドリュー・ローレンス=キング氏の元で研鑽し修士号取得。2015年に帰国後は演奏活動やワークショップを開催し、いにしえの音楽を現代に蘇らせる担い手としてさらなる研鑽を続けている。
【参加要項】
1. レベルは問いませんが、楽譜が読めることが条件です。
2. ハープの貸し出しも行っています。
3. グループで同じ曲を学びますが、それぞれの進度に応じて目標課題は異なりますのでご安心ください。ご希望の曲のリクエスト大歓迎!
※参加者が少数の場合は1時間半の個人レッスンに切り替える場合もあります。
【参加費/定員】
各回¥4,000 定員各回4名
【会場】
東京・小竹向原駅最寄りの講師宅。お問い合わせ/お申込みは tickets1377@gmail.com まで。

6月のイベント、講習会等

【日時】
6月29(金)・30日(土)・7月1日(日)
【タイトル】
チェンバロ・フェスティバル in 東京
第5回 バッハへの道、バッハからの道 チェンバロの<昔>と<今>を体感する
【テーマ】
チェンバロ・フェスティバル in 東京は、芸術監督・曽根麻矢子の呼びかけにより2011年にスタート、今回で5回目を迎えます。「バッハへの道、バッハからの道」をテーマに、バッハ以前の音楽と、バッは以降の音楽に迫ります。
【内容】
無料、有料ともに多岐に渡ってイベントが開催されますので、詳細は公式サイトをご参照下さい。

チケットは朝日ホール・チケットセンター(03-3267-9990 日・祝除く10:00〜18:00)、イープラスチケットぴあでお求めいただけます。
【会場】
浜離宮朝日ホール

7月のイベント、講習会等

【日時】
7月3日(火)
ワークショップ12:00〜18:00
ミニコンサート18:30〜 (約45分・休憩無しの予定)
※終演後、交流会(参加費無料)があります。
【タイトル】
ジュゴンと学ぼう! ワークショップ&ミニコンサート
【ワークショップ講師&ミニコンサート出演】
【ジュゴンボーイズ】
5弦バロック・チェロ:山本 徹
チェンバロ:根本卓也

ヴァイオリン:池田梨枝子(ゲスト)
【受講可能曲】
チェンバロ:ヴァイオリン・ソナタ、チェロ・ソナタの通奏低音
ヴァイオリン:ヴァイオリン・ソナタ、ヴァイオリン2台で演奏可能なトリオ・ソナタ、またはJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(BWV1001-1006)
チェロ:ヴァイオリン・ソナタの通奏低音パート、チェロ・ソナタまたはJ.S.バッハの無伴奏チェロ組曲(BWV1007-1012)
その他の旋律楽器(トラヴェルソ、オーボエ等):通奏低音を伴うトリオ・ソナタ
声楽:ヴァイオリンのオブリガートを伴うアリア

※当日のピッチは曲種に関わらずa=415、調律はヴァロッティとさせて頂きます。(ヴァイオリン、チェロは無伴奏での受講の場合のみa=442のモダン楽器でも可)
【受講料】
1枠50分・全6枠 ¥8,000
※2名以上でのグループ参加の場合¥12,000

聴講&ミニコンサート ¥3,000
【会場】
Space 415(中野)
【お申込み】
ジュゴンボーイズまで。 jugongboys@gmail.com



【日時】
7月8日(日)/14:30 (開場14:10)
【タイトル】
フォルクレ講習会
【テーマ】
フランスのヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者、作曲家のA.フォルクレはマラン・マレと並び高い功績を残しました。息子のJ.B.A.フォルクレは彼のヴィオール曲集をクラヴサン(チェンバロ)独奏用に編曲しています。

この講習会ではヴィオール組曲とチェンバロ用の組曲の両方を比べ取り上げたいと思います。皆様のご参加をお待ちしております。
【講師】
藍原ゆき(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
村井頌子(チェンバロ)
【レッスン曲目】
A.フォルクレ/ヴィオールと通奏低音のための曲集 第1組曲
J.B.A.フォルクレ/クラヴサン曲集 第1組曲
【講習料】
受講料¥5,000
聴講料¥3,000(当日お払いください)
【会場】
スタジオ ピオティータ(杉並区)
【お申込み】
ヴィオール、チェンバロ通奏低音、チェンバロソロの演奏曲目のご希望をお知らせください。楽譜が必要な方にはお送りいたします。お問い合わせは mozartiade@e01.itscom.net (村井)まで。

8月のイベント、講習会等

【日時】
8月24日(金)〜26日(日):2泊3日
【タイトル】
第11回クラシックギターセミナー in 原村
【サマーセミナーの目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故・稲垣 稔氏と共同で2007年にスタートしました。クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様のご参加をお待ちしています。
【参加資格・募集人員】
初心者からプロ志望レベルまで。受講生募集人員は15名。
【受講費】
¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート&有志による発表会、新人演奏コンサート、記念品、賞状。ただし、昼食代は含まれておりませんので別途となります)

※単独での聴講の場合:各講座¥2,000
※レッスン聴講:全日通し券¥3,500、一日券¥1,500
※講師コンサート:24日(金)19:00〜 ¥3,000
※新人演奏コンサート:25日(土)19:30〜 ¥2,000
※受講生有志によるコンサート:25日(土)15:00〜 入場無料
【講師&新人演奏育成コンサート出演者】
レギュラー講師:田口秀一(基礎講座)
講座ゲスト講師:鈴木一郎
ゲスト講師:岩永善信、ジャン・マリー・レーモン

【新人演奏育成コンサート出演者】
渡邊 茜、キャメロン・オコナー、井上郁夫
【お問い合わせ&お申込み】
2018年1月中旬〜7月末まで受付。
Mail:studio-grandsonorite@jcom.home.ne.jp (田口)
Tel&Fax:042-502-6264(田口)

※お申込みの際は「氏名・住所・電話または携帯番号・メールアドレス・年齢・性別・音楽歴・受講曲(2〜4曲程度)・今回のレッスンで習いたいこと・受講したい講師の組み合わせ第一希望、第二希望」をお知らせ下さい。(ただし、ご希望どおりにならないこともございますので、予めご了承下さい)
【会場】
グリーンプラザホテル(長野)
公式サイト
ピアノ&ギター教室 グランソノリテ

1 2