コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

【チケットのご購入方法】


(1)ご来店
お支払い方法:現金のみ(クレジットカード不可)

(2)ご郵送
お申込み受付期限:公演日の約1週間前まで。
お支払い方法:郵便振替または銀行振込(コンビニ決済不可)

※チケットと一緒にお振込み案内を同封いたします。郵便振替をご希望の場合は専用の振替用紙を同封いたします。お手元に届き次第お支払いをお願いいたします。送料および振込手数料はお客様負担となります。

※ご注意:お申し込み後のキャンセルおよび払い戻しは承りません。公演、会場、当日券の有無につきましては主催元様へ直接お問い合わせ下さい。

シリーズ講習会

【日時】
4月10日(水)9:50〜11:50 (受付9:40)
5月13日(月)9:50〜11:50 (受付9:40)
【タイトル】
音楽愛好家のための舞曲、バロックダンス講座
【テーマ】
17、18世紀、バロック時代に踊られていた様々な舞曲。実際のステップを知ることによって、その特徴、リズム、雰囲気を知ることが出来ます。また、バロック時代の奏法についても説明いたします。
【内容】
4月10日(水):ブーレ、メヌエット、サラバンド、ジーグ
5月13日(月):メヌエット、クーラント、ガヴォット、アルマンド

※受講者の方は各舞曲の楽譜を最低各1曲ご用意ください。出来る方は楽曲の冒頭部分を弾いてください。ピアノ以外の方は楽器をご持参ください。5月は復習もしますが、出来るだけ2回受講してください。
※服装:底の柔らかい踵の高くなく、伸び上がっても脱げない靴。裾の広がるスカートでお越しください。
【講師】
村井頌子

<プロフィール>
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒、ウィーン国立音楽大学チェンバロ科卒業。長年、桐朋学園大学音楽学部(チェンバロ、バロックダンス)、昭和音楽大学、同短期大学部(バロックダンス)の講師として勤務した。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。二期会フランス歌曲研究会会員。
【会費】
各¥2,500
※定員20名、要予約。会費は当日お支払いください。
【会場】
相模女子大学グリーンホール 地下練習室1
【ご予約・お問い合わせ】
お申込みはこちらからどうぞ。



【日時】
3月10日(日)10:00〜13:00
5月19日(日)10:00〜13:00
7月7日(日)10:00〜13:00
【タイトル】
曽根麻矢子プロデュース せたがやでチェンバロを学ぼう!シリーズPart.5
バロックダンス講座
【テーマ】
《ダンスを学びながら、チェンバロも学ぼう》
基本的な舞踏を全3回の講座で学びます。チェンバロを学んでいる方は、ダンスに合わせて演奏することも出来ますので、体を通して舞曲への理解を深められます。ダンス初心者の方、ダンスのみを学びたい方も大歓迎です!
【内容】
3月10日:ブレ、ガヴォット
5月19日:メヌエット、クーラント
7月7日:サラバンド、ジーグ
【講師】
岩佐樹里

<プロフィール>
フランス生まれ、東京育ち。幼少より松山バレエ学校にてクラシックバレエを学び、東海大学教養学部芸術学科音楽専攻課程卒業。 第16回国際なかのダンスコンペティションにてセンターフィールド賞受賞。2015年より毎年Amherst Early Music Festivalにてヒストリカルダンスプログラムのアシスタント、バロックオペラのソリストダンサーを務めている。2015年3月アメリカニューヨークコープランド音楽院にてバロックダンスリサイタルを行う。2016年9月にはバッハフランス風序曲に振付を自身で行い、台湾台北市において台湾初のバロックダンスコンサートで踊り大好評を博す。また、2017年3月にはアメリカツアーにて同プログラムをニューヨークなど複数都市で再演。2017年12月フランス、ナント市のバロックオーケストラStradivariaの30周年記念コンサートに特別ゲストとして出演。

国内外で公演に出演する傍ら、日本では音楽家のためのワークショップなどを国内各地で行っており、初心者にも分かりやすいバロックダンス講座には定評がある。2016年12月神奈川県高等学校教育研究会大会講師、2017年1月東京都立芸術高校グローバルキャリア講習会講師を務める。 バロックダンスをD.オルソン氏、K.マインツ氏、浜中康子氏、T.ベアード氏に師事。 バロックダンス教室アイリスの会、大阪お姫様アカデミー主催。CUNYコープランド音楽院バッハ講習会日本実行委員会バロックダンスコーディネーター。著書「踊って楽しむバロック舞曲」(吉澤実氏との共著)
【受講料】
1日(3時間)¥10,000
※1日、2日間のみでもご参加いただけます。
【会場】
松本記念音楽迎賓館
【ご予約・お問い合わせ】
吉岡まで。( 080-5693-9514)


【日時】
第1回 4月11日「フィレンツェ(イタリア)」オペラの誕生とメディチ家の策略
第2回 4月25日「ヴェネツィア(イタリア)」ヴィヴァルディの足跡をたどって
第3回 5月9日「パリ(フランス)」優雅に花開くクラヴサン(チェンバロ)音楽
第4回 6月13日「ライプツィヒ(ドイツ)」J.S.バッハの後半生と教会音楽
第5回 6月27日「ドレスデン(ドイツ)」プリマドンナと作曲家 ハッセ夫妻の活躍
※いずれも各木曜日、10:30〜12:00で開講です。
【タイトル】
チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座第22クール
『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(6)
【概要】
300年ほど前のヨーロッパへ、タイムトラベルする音楽講座。今回は「取材したての街シリーズ」。1年以内に取材を行った街を中心に、最新の画像と情報とともにお届けします。「街」をキーワードに、音楽家の活躍や生きざまを、町の歴史や社会的背景とともに探っていきましょう。チェンバロの生演奏とCD音源で音楽を聴き、美しい風景のスライドを見ながら、古(いにしえ)のヨーロッパへ。一回ずつ完結の講座ですので、ご都合やご趣味に合わせてのご参加も可能です。
【講師】
渡邊温子(チェンバロ奏者)

<プロフィール>
タニタ楽器音楽教室チェンバロ科講師。国内外での演奏活動とともに、演奏者としての視点から17・18世紀の音楽についての講演をこれまでに250回以上行う。主な講演歴:日野市主催「やさしいバロック音楽講座」、小金井市主催「バロック音楽の魅力を探る」、財)音楽鑑賞教育振興会主催「新・冬の勉強会(小中学校音楽科教諭対象)」。武蔵野学院大学・大学院非常勤講師。日本チェンバロ協会会員。2016年7月に『古楽でめぐるヨーロッパの古都』を上梓。無料メルマガ「月刊バロック通信」毎月22日に好評配信中。
【受講料】
5回シリーズ受講 ¥12,000(※2名様同時申込みで1名¥10,000)
※1回毎の受講の場合¥2,500(※2名様同時申込みで1名¥2,000)
【会場】
タニタ楽器 北浦和東口センター
【ご予約・お問い合わせ】
タニタ楽器浦和支店まで。048-831-0910


【日時】
6月19日(水)9:40〜11:50
7月10日(水)9:40〜11:50
【タイトル】
バロック時代の楽曲の解釈
【講師】
村井頌子

<プロフィール>
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒、ウィーン国立音楽大学チェンバロ科卒業。長年、桐朋学園大学音楽学部(チェンバロ、バロックダンス)、昭和音楽大学、同短期大学部(バロックダンス)の講師として勤務した。全日本ピアノ指導者協会(PTNA)正会員。二期会フランス歌曲研究会会員。

【会費】
各回¥2,500
【会場】
相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館)地下練習室
【お申込み・お問い合わせ】
村井頌子
村井頌子公式サイト
http://mozartiade.jpmx.net/ 

4月のイベント、講習会等

【日時】
4月26日(金)〜4月28日(日)
【タイトル】
古楽フェスティバル〈山梨〉
【概要】
○4月26日(金)
・第32回国際古楽コンクール〈山梨〉声楽、旋律楽器部門予選(無料)
審査委員:有村祐輔/ロベルタ・インヴェルニッツィ/大竹尚之/尾崎温子/角谷朋紀/野々下由香里
場所:甲府商工会議所 2階 201室(甲府市相生2-2-17)
時間:14:00〜19:00頃

・楽器等展示(無料)
管弦楽器、楽譜、音楽書、専門誌、CD、音楽グッズ等
場所:桜座(甲府市中央1-1-7)銀座街の駅(甲府市中央4-3-14)
時間:13:00〜20:00頃

・Vox Poetice 帰国および移住記念コンサート
ソプラノ:佐藤裕希恵(第28回本コンクール優勝) テオルボ:瀧井レオナルド
場所Cotton Club(甲府市中央4-3-20)
時間:19:30〜20:30
チャージ料 1,000(ドリンク付き)(先着75名)

○4月27日(土)
・第32回国際古楽コンクール〈山梨〉声楽、旋律楽器部門予選(無料)
審査委員:有村祐輔/ロベルタ・インヴェルニッツィ/大竹尚之/尾崎温子/角谷朋紀/野々下由香里
場所:甲府商工会議所 2階 201室(甲府市相生2-2-17)
時間:10:00〜20:00頃

・楽器等展示(無料)
管弦楽器、楽譜、音楽書、専門誌、CD、音楽グッズ等
場所:桜座(甲府市中央1-1-7)銀座街の駅(甲府市中央4-3-14)
時間:10:00〜20:00頃

・第31回国際古楽コンクール〈山梨〉入賞記念コンサート
辛川太一 チェンバロ・リサイタル+共演:島根朋史(ガンバ)
場所Cotton Club(甲府市中央4-3-20)
時間:20:30〜21:30
チャージ料 1,000(ドリンク付き)(先着75名)

○4月28日(日)
・楽器等展示・デモンストレーション(無料)
楽器、楽譜、音楽書、専門誌、CD、音楽グッズ等
場所:藤村記念館(甲府市北口2-2-1)
時間:9:30〜17:00(デモンストレーション9:30〜10:30)

・第32回国際古楽コンクール〈山梨〉本選(無料)
審査委員:有村祐輔/ロベルタ・インヴェルニッツィ/大竹尚之/尾崎温子/角谷朋紀/野々下由香里
場所:山梨県立図書館多目的ホール(甲府市北口2-8-1)
時間:11:00〜16:00頃

・第31回国際古楽コンクール〈山梨〉入賞記念コンサート
河本祥太郎(チェンバロ)+Ensemble LMC(丸山韶/島根朋史 etc.)
場所:山梨県立図書館多目的ホール(甲府市北口2-8-1)
時間:17:00〜18:00

・第32回国際古楽コンクール〈山梨〉表彰式
場所:山梨県立図書館多目的ホール(甲府市北口2-8-1)
時間:18:00頃

・古楽フェスティバル〈山梨〉フェアウェル・パーティー
場所:よっちゃばれ広場(甲府市北口広場、藤村記念館横)
時間:18:30頃〜20:30頃
(コンクール審査委員 コンクール参加者 展示会参加者 聴衆の皆様 ご協力くださった街の皆様 フェスティヴァル実行委員会♪お別れの前につかの間のおしゃべりを楽しみませんか)


♪ 入賞者コンサートの予約は、委員会(荒川)へメールあるいは電話で、4月24日までにどうぞ。なお開始15分前に来場されない場合は、当日扱いで先着順

♪ 展示楽器デモンストレーション(演奏付き)を行います。詳細はホームページと各会場の掲示を御覧ください

♪ スポンサー印傳屋上原勇七は1582年に創業。遠祖上原勇七が創案した鹿皮に漆を施した製品を、印傳屋上原勇七本店(中央 3-11-15)2階の 博物館で御覧ください

♪ 各会場には駐車場がほとんどありませんが、近所には有料駐車場が沢山 あります。なお山梨県立図書館には駐車場がありますが、大変込み合います。公共の交通手段をお勧めいたします

♪ 審査委員によるマスター・コース
ロベルタ・インヴェルニッツィさんによるバロック歌唱・マスターコースは4月29日、30日に聖グレゴリオの家(東久留米)で開催いたします。コンクールに応募されない方でも参加できます。受講・聴講のお問い合わせは実行委員長(荒川)へどうぞ

【お問い合わせ】
古楽フェスティヴァル〈山梨〉実行委員会 (委員長 荒川恒子)
Tel/Fax 045-421-0502 E-Mail eterna@nifty.com



【日時】
4月26日(金)及び4月29日(月)
※両日とも10:00〜17:30
【タイトル】
中世音楽講座 教会旋法のおはなし
【概要】
旋法の性格をふまえながら実際に歌う事により、各旋法の構成、響きを理解することができます。また、ソルミゼーションも理解しながらこれら旋法を歌って見ましょう。グレゴリオ聖歌や中世・ルネサンス音楽の本質に触れるためには旋法や音階などの理論的背景を知ることは大切です。また、背景にある深い霊性も共に学びましょう。すべての声楽、合唱音楽の基礎になるはずです。
【講師】
夏山美加恵

<プロフィール>
名古屋市出身。菊里高校音楽課程(大野静龍氏に声楽を師事)を卒業後、広島市のエリザベト音楽大学宗教音楽学科宗教声楽コースで学ぶ。同大学にて故鈴木仁氏に師事。

1992年、第6回山梨古楽コンクール第3位入賞。同年オランダに渡り、レベッカ・ステュアート女史のもとで古楽アンサンブルの訓練を受ける。その後デン・ハーグ王立音楽院古楽科古楽声楽コースに入学。

古楽声楽をマリウス・ファン・アルテナ、テア・ファン・デア・プッテン、ジル・フェルドマン各師に師事し、2001年、同校修士課程を修了。王立音楽院在学中より中世音楽への意欲が高まり、著名音楽家による中世音楽のマスターコースや講習会を受講し、さらに研鑚を積む。

演奏経験は、日本やヨーロッパ各地に渡り多数。ベルギーのアンサンブル”クレンデ”ではソリストとしてCDの録音に参加した。

また2002年より、オランダの声楽アンサンブル”トリゴン”の歌手として、中世時代の典礼音楽の演奏に参加している。さらに最近では10世紀から13世紀の世俗・宗教的な単旋律音楽の研究と演奏に専念している
【課題】
特にございません。何でもどうぞ。
【参加費】
各日¥8,500(参加費は当日現金でお支払い下さい)
※これは一日のみの講座です。どちらかご都合の良い日をお選びください。ただし、全日参加が原則です。
※レクチャー形式ですので、聴講は受け付けません。
【会場】
えびらほーる(東急池上線、大井線、旗の台駅東口より徒歩6分)
※プライベートホールのため、お申込み者のみに詳細な場所をお知らせいたします。
※お申込み、お問い合わせは ensemblelalba@gmail.com まで。


【日時】
4月29日(月)13:30〜19:00頃
4月30日(火)10:00〜17:30頃
【タイトル】
第32回国際古楽コンクール<山梨>
マスターコースへのお誘い
【講師】
ロベルタ・インヴェルニッツィ(バロック歌唱)

<プロフィール>
ミラノに生まれる。ピアニスト、コントラバス奏者として活動後、声楽に転じる。バロックとクラシック時代の音楽がレパートリーの中心である。ヘンデルのオペラの歌い手としてウィーン、パリ、マドリード、バレンシア等の舞台に、さらにパーセル、スカルラッティ、カヴァルリのオペラ公演でイタリアを中心に主役を歌う。コンサートとしてもザルツブルク音楽祭を始め、オーストリアの舞台に多く立っている。100枚以上のCD制作に関わり、Diapason d’Or、Choc du Monde de la Musique、Goldbert’s Five Stars、Grammophone Awards、Deutsche Schallplatten Preis、Midem Classica、Stanley Prize等などの賞を獲得。
【課題】
特にございません。何でもどうぞ。
【受講費】
1レッスン(1時間)につき¥10,000(複数回の受講可)
※聴講は1日につき¥3,000(前もっての申込み不要)
【会場】
聖グレゴリオの家
※受付は設けておりません。そのまま聖堂にお入りください。
【お申込み】
国際古楽コンクール<山梨>実行委員長・荒川恒子まで。
Mail:eterna@nifty.com
Tel/Fax 045-421-0502

※受講締切は4月13日(土)。定員12名程度。

6月のイベント、講習会等

【日時】
6月8日(土)6月9日(日)10:00〜18:00
【タイトル】
ヴォクス・ポエティカ 古楽ワークショップ

【内容】
・講師
ヴォクス・ポエティカ
佐藤 裕希恵(ソプラノ)
瀧井 レオナルド(リュート属楽器)

\竺擇泙燭魯螢紂璽箸魎泙犖迭撻▲鵐汽鵐屮
声楽とリュート属楽器の両方、または片方を含む小編成古楽アンサンブル。(2?5人程度)
リュートのパートをギターで演奏することも可能。
(例:ダウランドのリュートソング、リュートデュオのために書かれた作品など)
参加者内で当日アンサンブルを組むものではありません。アンサンブルとして取り組んだ作品をアンサンブルメンバーでお持ちください。
自由曲、2曲まで。
▲螢紂璽汎帆奸淵ターでのリュート作品演奏も可)
リュート属楽器のソロ作品。
(6〜13コースリュート、テオルボ、アーチリュートなど)
リュート属楽器/バロックギターのために書かれたソロ作品の、ギター演奏も可能。
(例:バッハ/ヴァイス/ダウランド/ムルシア/サンスなど)
自由曲。
声楽(バロック時代の作品)
バロック時代の西洋古楽声楽作品。
自由曲、2曲まで。
下記に該当する作品は瀧井レオナルド(テオルボ/415Hz)が通奏低音を担当します。それ以外の作品(バロックオペラなど)は、鍵盤奏者の方をご同伴ください。当日はキーボード(ローランド C200)をお使いいただきます。(鍵盤奏者の紹介が必要な方は個別にご相談ください。)
瀧井レオナルドが通奏低音を担当する作品:
 ・モンテヴェルディ、カッチーニ、フェラーリなど初期イタリアバロックモノディ作品
 ・通奏低音と歌のために書かれた、17世紀のフランス宮廷歌曲
 ・出版された楽譜にテオルボで演奏することが提案されている作品
判断が難しい作品については個別に相談させていただきます。

レッスン時間
1コマ45分×2日間
最終日受講者コンサートについて
6月9日(日)ワークショップの最後に、19時頃から受講者発表会を予定しています。
ワークショップで取り組んだ曲から各自1曲(5分程度)を演奏します。
【対象】
・音楽大学学生及び卒業生、あるいは同等の実力のある方
・音楽愛好家の方
全3コース合わせて8組程度募集します。
※締め切り後、選考の上受講者を発表させていただきます。
【受講費】
仝迭撻▲鵐汽鵐屮
2日間受講 1組につき 15,000円 
(1日受講  1組につき 9,000円  ※締め切りを過ぎた時点で空きがある場合のみ)
▲螢紂璽汎帆奸伸声楽
2日間受講 1名につき 13,000円 
(1日受講  1名につき 8,000円  ※締め切りを過ぎた時点で空きがある場合のみ)
[聴講者]
各日15名程度募集
2日聴講  1名につき 5,000円
1日聴講  1名につき 3,000円
[お支払い]
受講者決定後、受講者にのみお振込先をご連絡いたします。
お申込み締め切り2019年4月30日(火)
【会場】
えびらホール
【お申込み・ご予約】
ヴォクス・ポエティカ
〈メール〉voxpoetica@gmail.com


8月のイベント、講習会等

【日時】
8月1日(木)14:00集合〜8月4日(日)16:00頃解散
【タイトル】
つくば古楽アンサンブル2019

【内容】
○バロックアンサンブル、コンソート等のレッスン
・楽器編成は任意で、講師の専門楽器以外も歓迎します。
・各グループともすべての講師のレッスンを受講します。
・全日程で各グループ4コマずつ(1コマ1時間)のレッスンがあります。
・チェンバロのピッチは415、チェンバロを使わない場合のピッチは任意です。
【講師】
アンサンブル講師:福沢宏、本村睦幸、上尾直毅
ダンス講師・通奏低音アシスタント:平山絢子、レクチャー講師:菅沼起一 
料理:遠藤雅司

【受講費】
一般1名¥55,000/学生1名¥45,000 募集期間4月1日〜5月31日
【応募について】
アンサンブル9組(最大32名)
応募は、アンサンブル単位で受け付けます。
アンサンブルメンバーをお探しの方は、どうぞお気軽にご相談ください。ご相談くださった方同士でアンサンブルが成立した時点でお申し込みを承ります。できるだけ早めにお問い合わせください。
【会場】
豊里ゆかりの森 宿舎「あかまつ」
【お申込み・ご予約】
〈メール〉ryoko.izumida22@gmail.com 泉田(いずみだ)090-2609-6542



【日時】
2019年8月23日(金)・24日(土)・25日(日)2泊3日
【タイトル】
第12回 クラシックギターセミナー in 原村
【目的・趣旨】
クラシックギターの魅力を再認識してもらうことから故 稲垣稔氏(2013年6月26日没)と共同で2007年にスタートしました。
クラシックギターが持っている「無類の美音」を心耳で聴き、その素晴らしさを一人でも多くの方に伝えていこうと開催しております。
初心者、プロ志望までレベルを問わずご参加いただけます。皆様の参加をお待ちしております。
【講師】
特別ゲスト講師:大萩 康司 先生
特別ゲスト講師:つのだたかし 先生
レギュラー講師:田口 秀一 先生(弊社音楽教室ギター科講師)
【参加料】
受講費:¥52,000(宿泊費、朝夕食2回、公開レッスン40分各2回、講座2回、講師コンサート有志による発表会、記念品、賞状)ただし昼食代は含まれておりません。
受講生募集人数18名
【聴講料】
単独で聴講の場合:各講座¥2,000
レッスン聴講:全日通し券¥3,500
一日券:¥1,500
【講師コンサート】
8月23日(金)19:30〜 ¥3,000
【お申込み・お問い合わせ】
お問い合わせ
音楽工房グランソノリテ
studio-grandsonorite@jcom.home.ne.jp
TEL/FAX 042-502-6264(田口)

お申込み受付期間
2019年4月1日〜8月上旬まで

お申込み方法
1)氏名
2)住所
3)電話番号(携帯電話可)
4)メールアドレス
5)年齢
6)性別
7)音楽歴
8)受講曲(2〜4曲程度)
9)今回のレッスンで習いたいこと
10)受講したい先生の組み合わせ第一希望、第二希望
※3人の講師すべてのレッスンを希望の場合は追加料で可能です。ご相談ください。