コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

シリーズ講習会

【チェンバロ生演奏と共に聴くクラシック音楽講座】
第19クール『古楽でめぐるヨーロッパの古都』(3)

<概要>
「古楽ってなんだろう?」−昨年出版された『古楽でめぐるヨーロッパの古都』をテキストに、著者自身が解説する音楽講座、好評につき第2巡目を開講!いにしえの音楽家たちの活躍を、生演奏やCDでたくさんの曲例を聴きながら、ヨーロッパの古都の美しい画像とともに探っていきます。初めての方も、第1巡目(第17クール)にご参加の方も、どちらもお楽しみいただけます。あなたもヨーロッパの古都へ、音楽の旅に出かけませんか。一回づつ完結(全5回)の講座ですので、ご都合やご興味に合わせてご参加下さい。(各木曜日・10:30〜12:00)

【日時】
第1回:9月14日(木)
第2回:9月28日(木)
第3回:10月12日(木)
第4回:10月26日(木)
第5回:11月9日(木)
※各回10:30〜12:00
【タイトル】
第1回(9月14日) :第1章「ザンクト・ガレン(スイス)、第2章「ニコシア(キプロス)クラシック音楽の始まり」
第2回(9月28日) :第3章「アントウェルペン(ベルギー)画家ルーベンスが聴いた音」
第3回(10月12日):第4章「リューベック(ドイツ)バッハが訪ねた街」
第4回(10月26日):第5章「セビーリャ(スペイン)キリスト教とイスラム教の接点」
第5回(11月9日) :番外編「プエブラ(メキシコ)ヨーロッパと中南米の交流」
【講師】
渡邉温子(チェンバロ奏者)

<プロフィール>
国内外での演奏活動とともに、演奏者としての視点から17・18世紀の音楽についての公演をこれまで160回以上行う。主な演奏歴:日野市主催「やさしいバロック音楽講座」、小金井市主催「バロック音楽の魅力を探る」、財)音楽鑑賞教育振興会主催「新・冬の勉強会(小中学校音楽科教諭対象)」など。武蔵野学院大学大学院非常勤講師。日本チェンバロ協会正会員。2016年7月に『古楽でめぐるヨーロッパの古都』を上梓。
【受講料】
5回シリーズ受講 ¥12,000(2名様同時申込みで1名¥10,000)
1回毎の受講 各回¥2,500 (2名様同時申込みで1名¥2,000)
【会場】
タニタ楽器 北浦和東口センター
【ご予約、お問い合わせ】
タニタ楽器浦和支店まで。(048-831-0910)

9月のイベント、講習会等

【日時】
9月10日(日)10:00〜
【タイトル】
曽根麻矢子 チェンバロレッスンとコンサート
【内容】
「チェンバロ 弾いて、聴いて、学ぶ」を開催します。静かな環境の中で、チェンバロの音色に触れ、マスタークラスではチェンバロの演奏工場を目指していただけます。
【タイムテーブルと料金】
<ワークショップ>10:00〜11:00
「チェンバロを弾いてみよう」− チェンバロの説明、触れて、音を出してみましょう。
受講料:¥1,000 聴講¥500

<曽根麻矢子リサイタル>11:00〜12:00
バッハの平均律第一巻1番前奏曲からはじめます。
『あなたが選ぶ!F.クープランとラモーの名曲』※曲目は、当日皆様に選んでいただきます。
一般¥3,000 学生¥2,000 小中学生¥1,000

<曽根麻矢子さんを囲んでの懇親会>12:00〜12:40
日本紅茶協会インストラクターの紅茶をお楽しみいただきます。

<マスタークラス>
チェンバロの演奏技術工場、表現方法を見つけることができます。綺麗な装飾音の弾き方、音の響かせ方などテクニックの基本などをわかりやすく、丁寧に指導します。

*マスタークラス初級(定員2名)13:00〜14:30
受講時間:45分 受講料¥8,000

*マスタークラス中・上級(定員2名)14:45〜16:45
受講時間:60分 受講料¥12,000
受講曲:直接ご相談下さい。( mayakosonehp@gmail.com )

*マスタークラス聴講¥3,000(出入り自由)

*一日通し券¥6,000(ワークショップ、マスタークラス聴講+コンサート)
【会場】
松本記念音楽迎賓館
【お申込み先】
松本記念音楽迎賓館(Tel 03-3709-5951 Fax 03-3707-3751 Mail takashi_yoko@post.pioneer.co.jp )
※ワークショップ、マスタークラス受講ご希望のかたは受講者名・ご住所・電話番号・メールアドレスをお知らせください。後日、受講票をお送りいたします。



【日時】
9月17日(日)14:00〜17:30
【タイトル】
日本チェンバロ協会第29回例会
古楽復興とレオンハルト〜レオンハルト没後5周年に寄せて〜
【内容】
レオンハルトの下で直接薫陶を受けたチェンバロ奏者たちによる座談会。豊富な視聴覚資料を駆使しながら、レオンハルトの生涯や古楽復興の足取りを辿る。歴史的チェンバロとの出会い、演奏様式の再発見、アーノンクールやブリュッヘン、ビルスマ等との交友等など、興味は尽きない。また、彼の人となり、素顔、思い出などについても語る。
【出演】
司会:安田和信(音楽楽・桐朋学園大学准教授)
パネラー:家喜美子、古賀裕子、山名朋子、渡邊順生
【料金】
一般¥2,500 会員・サポーター¥2,000 学生¥500 (定員50名・要予約)
※会員・サポーターは会員証を、学生は学生証を受付にてご提示下さい。
※桐朋学園関係者は無料。(208号室に掲示された予約表に記入して下さい)
【会場】
桐朋学園調布キャンパス222教室
【ご予約・お問い合わせ】
※ご予約、お問い合わせは日本チェンバロ協会・例会係まで「第29回例会」と明記の上、メールにてご連絡下さい。cembalo_events@yahoo.co.jp


【日時】
9月24日(日)9:30〜20:00
【タイトル】
赤津眞言による公開レッスン
【内容】
赤津眞言による、ソロまたはアンサンブルのレッスンです。室内楽を中心に受講者5、6組、また聴講される方を募集いたします。レッスン終了後に合奏もいたしますので、そちらへの参加も歓迎です。

<赤津眞言プロフィール>
バロック・ヴァイオリン奏者。ベルギー、レーメンス音楽研究所客員教授。国立音楽大学卒業。1987年よりハーグ王立音楽院にてS.クイケン氏に師事。91年国際古楽室内楽コンクールで2位。93年、ソロイストデュプロマを得て同校卒業。現在、多くのヨーロッパの団体、日本国内での室内楽演奏活動を中心に、アントワープ音楽院でのマスターコース等の教育活動も行っている。デン・ハーグ在住。
【受講料金】
*通奏低音つきソロ、無伴奏ソロ(弦楽器・管楽器・声楽)¥12,000
*3名以上のアンサンブル(なるべく弦楽器を含む編成が望ましい)¥24,000
*通奏低音をレッスン専属伴奏者にご依頼の場合は別途¥4,000 ※事前合わせ可。申込時にお問い合わせください。
*聴講料金¥3,000(1日)※お申込み不要。直接会場にお越しください。
*レッスン終了後に赤津眞言の指導による合奏をいたします。参加ご希望の方は、下記連絡先までお申込み下さい。聴講生は合奏参加費として別途¥1,000。(レッスン受講生は参加費不要)
【会場】
パンダサロン(杉並区下高井戸1-40-14 03-5938-5105)
【ご予約・お問い合わせ】
※ご予約、お問い合わせは平井で。 aki-hirama@ak.em-net.ne.jp

10月のイベント、講習会等

【日時】
10月7日(土)13:00集合〜8日(日)12:00終了
【タイトル】
大山ギター講習会Vol.17
【概要】
西日本の富士山といわれる大山は昨年日本遺産に認定されました。その深い脈々とした文化と緑の中でギター講習会が開かれます。参加者のレベルは問いません。ギターが好きな方、テクニックで悩んでいる方、目的をもって奮ってご参加下さい。夜は美味しい食事と楽しいギター談義に花が咲くことでしょう。講師のミニコンサート、参加者の発表演奏もあります。
【講師ギタリスト】
山由規(ゲスト)
門脇康一
松岡 滋

庄司清英(ギタークリニック)
【受講費用】
個人レッスンコース(45分×2)¥25,000
アンサンブル(お一人 45分×2)¥22,000
聴講コース(2日間)¥18,000

※ギタークリニックは無料です。
※宿泊、食事、レッスン、コンサート等の費用を含みます。
【会場】
大山ビューハイツ(鳥取)
【ご予約、お問い合わせ】
門脇康一ギター教室(0859-53-3571)、山ギター音楽院(078-351-1858)、松岡 滋ギター教室(06-6654-7227)、ギター工房SHOJI(06-6320-0656)まで。



【日時】
10月29日(日)15:00 (開場14:30)
【タイトル】
第4回 よこはまギターフェスティバル
【出演】
特別ゲスト:マリア・エステル・グスマン
アマチュア出演グループ:アンサンブルらら、アンサンブル・ヴィヴァーチェ、アンサンブル遊、横浜ギターアンサンブル、ポップンギターズ、ファニーサニーカンパニー、ENJYU、ギターを弾こう合奏団、他
プロギタリスト出演グループ:EXTRANO GUITAR FANCTION、フェスティバル特設合奏団
【会場】
青葉区民センター フィリアホール
【詳細】
その他詳細は公式サイトをご参照下さい。