コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

1 2 3 4 

6月のイベント、講習会等

【日時】
6月24日(土)15:15〜16:45 (杉並公会堂地下 スタジオC)
6月26日(月)18:00〜19:30 (吉祥寺美術館 音楽室)
【タイトル】
スペイン・ルネサンス音楽の巨匠 ビクトリア講座
【内容】
2011年にトマス・ルイス・デ・ビクトリア(1548-1611)の没後400年記念として4回の連続講座をいたしました。その後、新たに発見された彼の書簡や新しい研究論文などを読んだことにより、ここで再度ビクトリアについて私なりに述べてみたいと思います。特に、日本人にとって最も何回な問題である典礼との関係(ローマ典礼ではなくスペイン典礼)に重点を置き、スペインの古典礼−ビシゴート典礼に遡及してビクトリアをとらえ直します。講座のなかでスペイン的な特色が濃厚なモテットあるいはイムヌスを実際に歌ってみます。
【講師】
杉本ゆり

<プロフィール>
武蔵野音楽大学音楽学学科卒業。中世ルネサンス音楽史専攻。日本音楽学会、国際音楽史料学会、日本賛美歌学会、NPO法人日本ルネサンス音楽普及協会会員、聖グレゴリオの家・宗教音楽研究所勤務。

主な論文に「コルトナ・ラウダ概論」「コルトナ・ラウダにおけるマリア賛歌」「コルトナ写本におけるイエス・ラウダ考察」「コルトナ写本における聖人ラウダ考察」「アシジの聖フランシスコ祝日聖務日課について」「ユリアヌスの詩と音楽」「アシジの修道院図書館について」「国際音楽史料総覧について」

1997年より、たびたびアシジ、コルトナの図書館を訪れてMichele Lanari, Marco Sofianopolo, Feruccho Brambillascaの指導でラウダの勉強を続ける。また音楽史上におけるフランシスコ会士の業績を研究中。2005年にLaudesi Tokyoを結成して演奏活動を開始。各地コンサートで好評を得る。
【受講料金】
各回¥1,500 (同内容)
【会場】
6月24日(土)杉並公会堂地下 スタジオC
※24日は12名で締め切らせていただきます。
6月26日(月)吉祥寺美術館 音楽室(FFビル コピス吉祥寺7F奥)
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約、お問い合わせは杉本ゆりまで。 yuri-francesca@nifty.com

6月の古楽コンサート

【日時】
6月28日(水)/19:00 (開場18:15)
【タイトル】
クラウディオ・モンテヴェルディ生誕450周年記念公演
聖母マリアの夕べの祈り
【出演】
【ラ・フォンテヴェルデ(声楽)】
ソプラノ:鈴木美登里、染谷熱子、清水 梢、中山美紀
アルト:上杉清仁、布施奈緒子
テノール:谷口洋介、中嶋克彦
バス:小笠原美敬、渡辺祐介

【アントネッロ(器楽)】
ヴィオリーノ:杉田せつ子、天野寿彦
ヴィオラ・ダ・ガンバ:石川かおり、樋口泰世
ヴィオローネ:西澤央子
コルネット:アンドレア・インギッシャーノ、細岡大介
トロンボーネ:宮下宣子、大内邦靖、生稲雅威、栗原洋介
フィファロ:渡辺浩行、
ファゴット/フラウト:古橋潤一
フラウト:細岡ゆき
ティオルバ:高本一郎
チェンバロ/アルパ:西山まりえ
オルガノ:矢野 薫
指揮:濱田芳通(コルネット/フラウト/ピファロ)
【会場】
東京カテドラル聖マリア大聖堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥5,000 ペア券¥9,000
※お申し込みはアントネッロコンサート( anthonello.concert@gmail.com ※メール本文に氏名、ご住所、枚数をご明記ください)、ラ・フォンテヴェルデ、東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650/10:00〜19:00 休館日を除く)でお求めいただけます。
※ペア券はアントネッロコンサート、ラ・フォンテヴェルデ公式サイトのみで販売。当日のペア券販売はございません。

6月のギターコンサート

【日時】
6月30日(金)/19:00 (開場18:30)
【タイトル】
國松竜次 デビュー10周年記念コンサート2017
Plays Best Hit Repertoire

<プログラム(予定)>
ピアソラ/オブリビオン ※、エスクアロ ※
タレガ/アルハンブラの想い出、アラビア風奇想曲
リョベート/ロマンサ、レスプエスタ
ソル/月光、聖夜
山田耕筰/赤とんぼ ※
成田為三/浜辺の歌 ※
國松竜次/宇治川のほとり、紅のタンゴ、京都の風景、悲しみの街
※印は國松竜次・編
【出演】
ギター:國松竜次
【会場】
北文化会館 創造活動室(京都)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥2,000
※ご予約、お問い合わせは北文化会館まで。0774-45-4645

7月のイベント、講習会等

【日時】
7月2日(日)15:00〜17:00
【タイトル】
日本チェンバロ協会第25回例会
20世紀チェンバロ復興の歴史を振り返る-最高級蓄音機で聴き比べるオリジナルの音-
【内容】
プレイエル社製のランドフスカモデルをはじめとする、いわゆる「モダンチェンバロ」は、チェンバロ復興の歴史を語る上で欠かせない楽器ですが、実際の音を聞く機会はなかなかありません。この例会では、第一次チェンバロブームと言える当時の様々な演奏を、1930年英国製の最高級蓄音機を用いたオリジナルな音色で再現します。また、当時はオリジナル楽器も盛んに使われていたという意外な事実も、貴重な音源で紹介します。
【講師】
梅岡俊彦

<プロフィール>
兵庫県出身。ピアノ調律工房勤務時代からチェンバロに興味を持ち、1985年に独立。日本だけでなく海外の工房や博物館を訪ね独学で技術を習得、現在は東京と神戸に工房を持ち、各種タイプのチェンバロに加えてフォルテピアノ、ポジティフオルガンなど10数台の楽器を携え、国内外の数多くの演奏家のコンサートに楽器を提供し調律で参加。近年は日本の古楽史の調査研究に取り組む。
【会費】
協会員¥2,000 一般¥2,500 学生¥1,000
【会場】
オリンピック記念青少年センター カルチャー棟美術室2
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約、お問い合わせは日本チェンバロ協会・例会係まで「第25回例会(7月)」と明記の上、メールにてご連絡下さい。
cembalo_events@yahoo.co.jp



【日時】
7月9日(日)10:00〜
【タイトル】
第27回 水戸茂雄リュート講習会
【受講資格】
ルネサンス・リュート、バロック・リュート、テオルボ、バロック・ギター、アーチリュート、ビウエラ、ロマンティック・ギター、クラシック・ギターでの受講。初心者の方も受講可能です。
【講師】
水戸茂雄

<プロフィール>
スペイン国立オスカル・エスプラ音楽院、マドリッド王立音楽院に学ぶ。リュートをホセ・ミゲル・モレノ、ホプキンソン・スミスの両氏に、演奏様式をヴィルヘム・R・タルスマ氏に師事。著訳書に『リュート教則本』、『バッハ リュート作品集』など、CDにリュート、ビウエラ、テオルボなどの録音多数。現在、海外や日本でリュートの第一人者として活動。N&S古楽研究会主宰、日本ビウエラ協会理事、東京音楽大学非常勤講師。
【会費】
受講料¥10,000 聴講料¥2,500
【会場】
大宮ソニックシティホールB1F第2練習室
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。


【日時】
7月24日(月)
【タイトル】
ルネ・ジェニス=フォルジャ リュート・アンサンブルレッスン IN 東京
【内容】
中世、ルネサンス、バロック時代のリュート、ビウエラ、バロックギターのソロ、アンサンブル作品の解釈、奏法などを楽器屋その音楽の歴史的背景を踏まえながら丁寧に指導いたします。また、歌手の方たちへのダウランドのリュート・ソングやスペインのビリャンシーコ、フランスのエール・ド・クールの歌詞の発音指導も可能です。
【講師】
ルネ・ジェニス=フォルジャ

<プロフィール>
アムステルダム・スヴェーリンク音楽院でA.ベィルス氏にリュートを師事。音楽院時代にスペインの古い音楽に惹かれ、ビウエラや歴史的ギターを演奏していた。海外の著名なリュート奏者によるマスタークラス、講習会に参加。中世スペイン音楽の演奏を専門とするオランダの古楽アンサンブル“アンテケラ”のリーダーを務め、2004年にリリースされたCD「聖母マリアのカンティガス」はヨーロッパの数々の高級音楽雑誌に好評を持って絶賛された。ユトレヒト古楽祭をはじめ、海外の多くの有名国際音楽祭に招かねている。現在アムステルダム音楽院のリュート科で非常勤講師として勤務。
【料金】
ソロレッスン70分 ¥10,000
アンサンブルレッスン90分 ¥13,000
【会場】
お申し込み後に詳細をお知らせいたします。
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約、お問い合わせは mikae.lalba@gmail.com まで。
※お申込先着順で受講者のご希望の時間を受け付けます。


【日時】
7月29日(土)10:00〜18:00
【タイトル】
ワークショップ 聖母マリアのカンティガ
【内容】
13世紀にスペインのレオン・カスティリアの宮廷で編纂されたCantigas de Santa Mariaは中世単旋律音楽の宝庫です。日本でも中世音楽愛好家、また古楽演奏家たちによっって好んで歌われるようになってきました。しかし私達にとってカンティガというのは言語的(中世ガリシア語)にも、地域的にも、時間的にも精神的にも遠いものです。この遠さゆえに演奏に臨む者はたえず試行錯誤の連続にあるのではないでしょうか。旋律は美しく素朴で愛すべきものですが、その背景にある文化、カンティガの土壌となった精神性に近づくには私達には大きな壁があります。そういう私達への助けとして、カンティガ専門家でもあり、言語学者でもあるルネ・ジェニス-フォルジャ氏にレクチャーを含む実践講座をお願いすることになりました。言語、楽器、即興、文化的背景(アラブからの影響も含め)のレクチャーと同時に実際に受講生も演奏してみます。歌唱芸術ですので当然、声の問題も出てきますが、夏山美加恵さんが通訳も含めて歌唱面ではサポートしてくださいます。ご興味のある方の参加をお待ちしています。
【講師】
ルネ・ジェニス-フォルジャ

<プロフィール>
アムステルダム・スヴェーリンク音楽院でアンソニー・ベイルス氏にリュートを師事。1988年にディプロマを取得。音楽院時代にすでにスペインの古い音楽に惹かれ、ビウエラや歴史的ギターを演奏していた。クラフォード・ヤング、ポール・オデット各氏によるマスタークラス、講習会に参加。またアラブ・リュート奏者であるフォアド・ベンニスにウードの手ほどきを受けた。中世スペイン音楽の演奏を専門とするオランダの古楽アンサンブル“アンテケラ”のリーダーを務め、2004年にリリースされたCD「聖母マリアのカンティガス」はヨーロッパで高い評価を受けている。オランダ・ユトレヒト古楽祭をはじめとする多くの国際音楽祭で、ソリストまたはアンサンブル奏者として招かねている。

通訳&アシスタント:夏山美加恵
【受講料金】
一般¥8,500 学生¥7,500
【会場】
えびらホール
※場所の詳しい地図等はお申込み後にお知らせいたします。
【ご予約・お問い合わせ】
ご予約、お問い合わせは杉本ゆりまで。 yuri-francesca@nifty.com

7月の古楽コンサート

【日時】
7月1日(土)/2回公演
昼の部/14:00〜
夜の部/18:00〜
【タイトル】
フルート・コンソートで奏でる
イギリス・ルネサンス

<プログラム(予定)>
ダンスタブル/「パズル・カノン」
W.コニーシュ/「愛しい彼女は私のために嘆く」
ヘンリー8世/「よき仲間との気晴らし」、「真実の愛」
T.モーリー/「嘆き」、「狩り」、「お嬢さん、どうして私を悲しませるの?」
R.ホワイト/「ファンタジア検
J.ギブス/「イン・ノミネ」
J.ダウランド/「涙のパヴァーヌ」、「つねにダウランド常に悲しく」、「エセックス伯のガリアード」
ほか
【出演】
『ソフィオ・アルモニコ』
ルネサンス・フルート:前田りり子、菊池かなえ、菅きよみ、国枝俊太郎、相川郁子
ルネサンス・リュート:佐藤亜紀子
【会場】
東京オペラシティ 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥4,000 (一般)
¥7,000 (ペア)
※チケットのお取り扱いございます。

お問い合せ:近江楽堂(松木アートオフィス)
電話:03-5353-6937
FAX :03-5353-6938



【日時】
7月1日(土)/15:00 (開場14:30)
【タイトル】
聖堂で聴く教会音楽

<プログラム(予定)>
ブクステフーデ/神はかくもこの世を愛されBuxWV5
ヘンデル/グローリアHWV deest
J.S.バッハ/主よ人の望みの喜びよBWV147より
ハイドン/小オルガンミサHob XXII:7

【出演】
ソプラノ:吉澤有香
ヴァイオリン:廣海史帆、大久保幸子
チェロ:長瀬拓輝
オルガン:得田佑子
合唱:宇都宮大学教育学部附属中学校
【会場】
カトリック松が峰教会(宇都宮)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,500


【日時】
7月1日(土)/15:00 (開場14:30)
【タイトル】
流体交差点Vol.1 夏の結晶
【出演】
クラヴィコード:梶山希代(弊社音楽教室チェンバロ科講師)
美術制作:川崎いずみ
【会場】
みすず画廊(仮)江東区深川2-4-2 1階
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,000(定員20名)
※ご予約、お問い合わせはみすず画廊(仮)まで。090-4496-5792


【日時】
7月2日(日)/16:00 (開場15:30)
【タイトル】
流体交差点Vol.1 夏の結晶
【出演】
クラヴィコード:梶山希代(弊社音楽教室チェンバロ科講師)
美術制作:川崎いずみ
【会場】
みすず画廊(仮)江東区深川2-4-2 1階
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,000(定員20名)
※ご予約、お問い合わせはみすず画廊(仮)まで。090-4496-5792


【日時】
7月2日(土)/2回公演
1回目 14:00(開場13:00)
2回目 18:30(開場17:30)
【タイトル】
コロンブス大航海時代の音楽〜古の音、スペイン黄金世紀のビウエラ歌曲〜

<プログラム(予定)>
ナルバエス/皇帝の歌(ビウエラ・ソロ)
ムダーラ/イザベル、帯をなくしたね?
ダサ/モレーナの少女は叫んだ
ピサドール/サン・フアンの朝

【出演】
ソプラノ:岩崎芳佳
ビウエラ:水戸茂雄(弊社音楽教室リュート科講師)
【会場】
Galerie la(ギャルリー・ラー)(銀座)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
各回¥3,500(ワンドリンク付き)(各回定員30名・要予約)
※ご予約、お問い合わせは entry@salondela.com (吉本)まで。
※振込先は三菱東京UFJ銀行麻布支店 普通口座3576196 ヨシモトマキコ宛(ご予約はお振込みをもって予約完了とさせていただきます)
※振込締切日は6月23日(金)まで。


【日時】
7月2日(日)/14:00(13:30開場)
【タイトル】
バロック・オーボエの音楽 2
〜イタリアのオーボエ曲を集めて〜

<プログラム(予定)>
A.ヴィヴァルディ/オーボエ・ソナタ ト短調
T.アルビノーニ/オーボエ・ソナタ ハ長調
G.サンマルティーニ/オーボエ・ソナタ 変ロ長調
G.ボノンチーニ/チェロ・ソナタ第一番 イ短調
D.スカルラッティ/チェンバロ・ソナタ ニ長調
G.プラッティ/トリオ・ソナタ ト短調
ほか
【出演】
バロック・オーボエ:大山有里子
バロック・チェロ:盒狭絢
チェンバロ:寺村朋子
【会場】
東京オペラシティ 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥3,500

チケットお取り扱い
045-982-3201(クラングレーデコンサート事務局)
03-5353-9999(東京オペラシティチケットセンター)
03-5353-6937(松木アートオフィス)

お問い合せ
045-982-3201(クラングレーデコンサート事務局)
メール:concert@zav.att.ne.jp


【日時】
7月2日(日)/2回公演
午前の部/11:30 (開場11:00)
午後の部/15:00 (開場14:30)
【タイトル】
シターで奏でる祈りのうた

<プログラム(予定)>
アヴェ・マリア、アメイジング・グレイス、フランス聖歌集より
ほか
【出演】
シター:三好美穂(弊社音楽教室シター科講師)
うた&朗読:渡部夕賀子
【会場】
Hall 60 ホールソワント
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥1,500 (要予約)
※ご予約、お問い合わせは三好まで。cithare344@gmail.com


【日時】
7月4日(火)/19:30 (開場18:30)
【タイトル】
南青山マンダラ <フランス宮廷音楽シリーズ プレイベント>

<プログラム(予定)>
【ぷちびおろん】
ルベル:3声の通奏低音付きソナタ
ルクレール:2つのヴァイオリンのためのソナタ、ヴァイオリンと通奏低音のソナタ
ギユマン:ヴァイオリンのためのトリオ・ソナタ

【アルモニア・グラーヴェ・エ・ソアーヴェ】
モンテクレール:カンタータ『寛大な蔑み』
リュリ:モリエールのコメディ、バレエより『嘆き』の名場面集
マレ:トリオのための曲集より
【出演】
【ぷちびおろん】
ヴァイオリン:佐藤駿太、出口実折
チェロ:小林奏太
チェンバロ:鎌田茉歩

【アルモニア・グラーヴェ・エ・ソアーヴェ】
歌:坂本知亜紀
ヴァイオリン:阿部まりこ、出口実折
ヴィオラ・ダ・ガンバ:中山真一
チェンバロ:渡辺玲子(弊社音楽教室チェンバロ科講師)
【会場】
南青山マンダラ
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
チャージ 一般¥4,000(1ドリンク込)学生¥2,000(ドリンク別)
※ご予約はこちらからどうぞ。(該当公演のWeb予約リンクをクリックするとフォームが開きます)


【日時】
7月5日(水)/19:00 (開場18:30)
【タイトル】
品川 聖 人間の声-CDリリース記念(東京公演)

<プログラム(予定)>
マレ/「ヴィオル曲集第4巻」(1717年)より、アラベスク、夢見る女、戯れ
マレ/「ヴィオル曲集第2巻」(1701年)より、人間の声
ケ・デルヴロワ/「ヴィオル曲集第1巻」(1708年)より、嘆き
ドゥマシ/「ヴィオル曲集」(1685年)より、組曲第4番ト長調
ランベール/楽しもう甘いやすらぎを
カタロニア民謡/鳥の歌

【出演】
ヴィオラ・ダ・ガンバ(ソロ):品川 聖(弊社音楽教室ヴィオラ・ダ・ガンバ科講師)
【会場】
日本福音ルーテル東京教会
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥2,000 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月7日(金)/19:00 (開場18:30)
【タイトル】
タブラトゥーラたなばたライブ

<プログラム(予定)>
[中世・ルネサンスの舞曲]
夏は来たりぬ(作者不詳)
レセルカーダ(16c.スペイン)他
[タブラトゥーラ・オリジナル]
青海亀の夢、コンポステラ、サウダーデ(つのだたかし)
カレリア(近藤郁夫)
夜の蟹、夕凪(田崎瑞博)
オリーブ(江崎浩司)他
【出演】
吹くもの担当:江崎浩司
フィドル担当:田崎瑞博
叩きもの担当:近藤郁夫
かきならし担当:山崎まさし
団長:つのだたかし
【会場】
白寿ホール
【指定席/自由席】
全席指定
【価格(前売り)】
一般¥4,500
お問い合せ
042-390-6430(ダウランド アンド カンパニイ)


【日時】
7月7日(金)/19:00 (開場18:30)
【タイトル】
ジャングルぐるぐる探検隊 ♪わくわく鍵盤対決♪

<プログラム(予定)>
ディンディア/日がな一日涙にくれて
モンテヴェルディ/哀れ、今なお失望のまま(「アリアンナの嘆き」より)
パーセル/音楽が恋の糧となるのなら
J.S.バッハ/「インヴェンション」より
バルトーク/「ミクロコスモス」、「子供のために」より

【出演】
ソプラノ:山内房子
チェンバロ:彪前ー子
ピアノ:寺嶋陸也
【会場】
MUSICASA(ムジカーザ)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥4,000 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月8日(土)/13:00 (開場12:45)
【タイトル】
Baroque Concert 2017
立川で発表会〜小池香織ヴィオラ・ダ・ガンバ門下生&立川近辺在住奏者中心による〜

<プログラム(予定)>
オルティス/定旋律上によるレセルカーダ第1番、テノールによるレセルカーダ第7番
ダウランド/涙のパヴァーヌ
モーリー/二重奏曲集よりラメント
作者不詳/スパニョレッタ
ボワモルティエ/ヴィオール曲集より組曲ト長調
マレ/ヴィオール曲集第4巻組曲ニ短調より、第5巻組曲イ短調より
ラ・バール/ソナタ ト長調
アーベル/ソナタ ハ長調
テレマン/パリ四重奏曲第1番ニ長調TWV43:D3
ヘンデル/フラウト・トラヴェルソとヴァイオリン、通奏低音のためのトリオ・ソナタ ロ短調


※立川福音自由教会牧師・高橋秀典氏によるバッハに纏わるお話しもございます。
【出演】
ヴィオラ・ダ・ガンバ:井上 樹、入江和生、小松加代、清水 徹、杉本 浩、砂川巴奈歌、関 純子、園山結里、福島由美子、福田 豊、冨士榮恵里、松田優子、松永直人、眞鍋 愛、米沢祐司、渡辺マリ、小池香織
リコーダー:入江早由美、大喜多陽子、山岡みずほ
フラウト・トラヴェルソ:杉山容子、高木正尚、竹之内響介、長谷川浩
バロック・ヴァイオリン:増田倫也、宮 千晴
チェンバロ:大西維津子、梶田美緒、鈴木祥子、長谷川美香
【会場】
立川福音自由教会
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
入場無料


【日時】
7月8日(土)/15:00 (開場14:30)
【タイトル】
福岡女学院 第6回柿薗記念パイプオルガン 鈴木雅明コンサート ルター宗教改革500周年記念

<プログラム(予定)>
J.S.バッハ/ドイツ・オルガン・ミサ
【出演】
オルガン:鈴木雅明
【会場】
福岡女学院ギール記念講堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥1,000
※チケットはチケットぴあローソンチケットでお求めいただけます。


【日時】
7月9日(日)/14:30(14:00開場)
【タイトル】
太田光子&平井み帆 デュオ
〜第30回記念シリーズ 前夜祭〜

<プログラム(予定)>
A.コレッリ:ソナタ第11番 変ロ長調
B.マルチェッロ:ソナタ12番 ヘ長調
P.B.ベッリンツァーニ:フォリア
B.ガルッピ:変奏曲ホ長調
ほか
【出演】
リコーダー:太田光子
チェンバロ:平井み帆
【会場】
東京オペラシティ 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般 ¥3,500
学生 ¥2,000
(チケットのお取り扱いございます。)
2018年2/25公演との2回通し券 ¥6,500
※こちらはミューズコンサート企画にお問い合せ下さい

お問い合せ
Tel/Fax:0422-44-5306
メール :muse_cp@mbr.nifty.com


【日時】
7月9日(日)/13:30 (開場13:00)
【タイトル】
gmtと12ヶ月の音あそび〜夏休み 親子で楽しむコンサート〜旅の音絵本Vol.4(市川公演)

<プログラム(予定)>
ちょうちょう、山のおんがくか、大きなくりの木の下で、たのしいクリスマス

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
うた:おぐら まや
リコーダー:ほそおか ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ、ゴシックハープ:やの かおる
【会場】
いちかわ西洋館倶楽部(市川)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
親子ペア¥2,500 一般¥2,200 小学生以上¥1,000 未就学児¥500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月9日(日)/16:00 (開場15:40)
【タイトル】
古楽アンサンブルgmt公演Vol.4〜愛と情熱のスカルラッティ(市川公演)

<プログラム(予定)>
カンタータ「あなたへの愛に身を焦がし」
優雅で歌の巧みな小鳥よ
シンフォニア ト長調
チェロ・ソナタ ハ長調

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
ソプラノ:小倉麻矢
リコーダー:細岡ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ:矢野 薫
【会場】
いちかわ西洋館倶楽部(市川)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥2,000 シルバー(65歳以上)¥2,500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月15日(土)/2回公演
昼の部/14:00〜16:00
夜の部/18:00〜20:00
【タイトル】
チェンバロとバロック音楽レクチャーコンサート-第七期-
第21回 バロック・ヴァイオリン〜その3〜

<プログラム(予定)>
ルクレール/ヴァイオリン・ソナタ
J.S.バッハ/無伴奏ソナタ第3番BWV1005より
J.S.バッハ/ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第1番BWV1004

【出演】
チェンバロ演奏とお話:加久間朋子
バロック・ヴァイオリン:川原千真(ゲスト)
【会場】
銀座Cafe & Dining 玲
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
昼の部:¥5,000 (珈琲とケーキ付)
夜の部:¥6,500 (ワインと軽食付)
※ご予約、お問い合わせは銀座Cafe & Dining 玲まで。(090-7727-5746 中村)


【日時】
7月16日(日)/17:00 (開場16:30)
※16:40より音楽監督の花井哲郎による解説があります。
【タイトル】
ヴォーカル・アンサンブル カペラ2017/2018シーズン定期公演
ヴォーカル・アンサンブル カペラ結成20周年記念演奏会 1
ジョスカン・デ・プレ 聖母のミサ〜グレゴリオ聖歌とルネサンス・ポリフォニーによるミサ形式の演奏会

<プログラム(予定)>
グレゴリオ聖歌/聖母被昇天のミサ固有唱
ジョスカン・デ・プレ/ミサ《デ・ベアータ・ヴィルジネ》(聖母ミサ)
ジョスカン・デ・プレ/「思い起こしてください、おとめである御母よ」、「めでたし いとも聖なるおとめ」
イザーク/「いとも聡明なおとめ」
【出演】
【ヴォーカル・アンサンブル カペラ】
superius:花井尚美、安邨尚美、鏑木 綾、田代幸代
contratenor / tenor:望月裕央、及川 豊、根岸一郎、富本泰成、渡辺研一郎
bassus:櫻井元希、花井哲郎(音楽監督)
【会場】
カトリック由比ガ浜教会
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥4,000 ペア¥7,400 学生¥2,500 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月16日(日)/14:00 (開場13:30)
【タイトル】
トリオ・ソナタを巡る旅5 イギリスの作品を集めて

<プログラム(予定)>
ロウズ/三声のセット集より
ジェンキンズ/2つのヴァイオリン、バスと通奏低音のための12のソナタ集より
オズワルド/「四季の歌」より
ケリー伯/トリオ・ソナタ ハ長調
コルベット/2つのヴァイオリンと通奏低音のための6つのソナタOp.4より
フェスティング/トリオ・ソナタ第6番ト短調
ボイス/12のソナタ集より

【出演】
ヴァイオリン:小池はるみ、片桐恵里
ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井 茂
チェンバロ:岡田龍之介
【会場】
雑司が谷音楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥3,500 (チケット近々入荷致します)


【日時】
7月16日(日)/14:30 (開場14:00)
【タイトル】
オグミオス第5回自主公演
レクチャーコンサート ソルミゼーションで描くマドリガーレ
※ソルミゼーション×マドリガーレの心を辻康介が説きます。プロジェクターに楽譜や様々な画像を映しながらのレクチャーコンサートです。

<プログラム(予定)>
ヴィラール/愛が私を死なせようとも
カンビオ/富も名誉もはかないものよ
アルカデルト/優しい白鳥、私の幸せな眼よ
マレンツィオ/あなたのお慈悲が、愛しい人よ私は見ている
パレストリーナ/春は彩り
ロータ/ドレミの歌
【出演】
【オグミオス Ogmios】
相澤紀恵、阿部大輔、大堀基巳、北島良一、北山のぞみ、桑原佐代子、小林健、鈴木靖子、清藤義実、浜田直樹、福島桂子、松田喜久子、宮崎和実、耳浦千華子、村井信吾、脇屋緑

指揮・話:辻康介
【会場】
東京コンサーツラボ
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,000 (定員60席)
※ご予約、お問い合わせはまつだ( kikuko21@i.softbank.jp )、ダ・ネーモー( nemotsuji@mac.com )まで。


【日時】
7月17日(月・祝)/14:00 (開場13:30)
【タイトル】
海に語る愛〜中世ガリシアの歌とポルトガルのファド〜

<プログラム(予定)>
「カンティガス・デ・アミーゴ Cantigas de amigo」より
ビーゴの海の波よ
私の愛しい人が帰ってくる
愛を知る全ての人々

「ファド Fado」
神様
マリア・リスボア
海の歌

【出演】
歌:藤沢エリカ
歌、ギター:津森久美子
中世フィドル:上田美佐子
ポルトガルギター:上川 保
パーカッション:立岩潤三
【会場】
ミューザ川崎 音楽工房 市民交流室
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥4,000 ペア券¥7,000
※ご予約、お問い合わせはオフォス・プルケラまで。 office.pulchella@gmail.com


【日時】
7月18日(火)/19:15 (開場18:45)
※18:55より音楽監督の花井哲郎による解説があります。
【タイトル】
ヴォーカル・アンサンブル カペラ2017/2018シーズン定期公演
ヴォーカル・アンサンブル カペラ結成20周年記念演奏会 1
ジョスカン・デ・プレ 聖母のミサ〜グレゴリオ聖歌とルネサンス・ポリフォニーによるミサ形式の演奏会

<プログラム(予定)>
グレゴリオ聖歌/聖母被昇天のミサ固有唱
ジョスカン・デ・プレ/ミサ《デ・ベアータ・ヴィルジネ》(聖母ミサ)
ジョスカン・デ・プレ/「思い起こしてください、おとめである御母よ」、「めでたし いとも聖なるおとめ」
イザーク/「いとも聡明なおとめ」
【出演】
【ヴォーカル・アンサンブル カペラ】
superius:花井尚美、安邨尚美、鏑木 綾、田代幸代
contratenor / tenor:望月裕央、及川 豊、根岸一郎、富本泰成、渡辺研一郎
bassus:櫻井元希、花井哲郎(音楽監督)
【会場】
カトリック関口教会・東京カテドラル
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥4,500 ペア¥8,400 学生¥2,500 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月20(木)19:00(開場18:30)
【タイトル】
真夏の夜のパーセルの夢 歌とヴァイオルのファンタジー

<プログラム(予定)>
【セミオペラ「妖精の女王(真夏の夜の夢)】より
もし愛が甘美な情熱なら、魅惑の一夜、ご覧なさい 夜でさえも

【ヴァイオルのためのファンタジアより】抜粋

【メアリー女王の誕生日の讃歌】より
ヴァイオルをかき鳴らせ

シャコンヌ

【出演】
ソプラノ:高橋美千子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:井上奈緒美、坪田一子、田中孝子、品川 聖
【会場】
日本福音ルーテル東京教会
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,500 学生¥2,000 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月22日(土)/13:30
【タイトル】
18世紀音楽研究会(ハイドン コレギウム)第13回定期演奏会

<プログラム(予定)>
ハイドン/交響曲第12番、交響曲第13番
ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第1番
モーツァルト/交響曲第39番
【出演】
指揮:右近 大次郎
ソリスト:榎並優(ピアノ)
コンサートミストレス:塗矢真弥
管弦楽:ハイドンコレギウムプレイヤーズ
【会場】
豊洲シビックセンターホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥1,000


【日時】
7月22日(土)/13:30 (開場13:00)
【タイトル】
gmtと12ヶ月の音あそび〜夏休み 親子で楽しむコンサート〜旅の音絵本Vol.4(平塚公演)

<プログラム(予定)>
ちょうちょう、山のおんがくか、大きなくりの木の下で、たのしいクリスマス

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
うた:おぐら まや
リコーダー:ほそおか ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ、ゴシックハープ:やの かおる
【会場】
八幡山の洋館(旧横浜ゴム平塚製造所記念館)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
親子ペア¥2,500 一般¥2,200 小学生以上¥1,000 未就学児¥500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月22日(土)/17:00 (開場16:30)
【タイトル】
古楽アンサンブルgmt公演Vol.4〜愛と情熱のスカルラッティ(平塚公演)

<プログラム(予定)>
カンタータ「あなたへの愛に身を焦がし」
優雅で歌の巧みな小鳥よ
シンフォニア ト長調
チェロ・ソナタ ハ長調

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
ソプラノ:小倉麻矢
リコーダー:細岡ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ:矢野 薫
【会場】
八幡山の洋館(旧横浜ゴム平塚製造所記念館)
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥2,000 シルバー(65歳以上)¥2,500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月22日(土)/15:30〜
【タイトル】
ムジカエテルナ甲府 第90回定期演奏会

<プログラム(予定)>
テレマン/リコーダーとガンバのためのコンチェルト イ短調
ヘンデル/チェンバロ組曲ニ短調よりアダージョ、燃えるバラ、地の飾り
ボワモルティエ/ディヴェルティスマン《田舎》ト長調
テレマン/カノン ニ短調
C.Ph.E.バッハ/プロイセン・ソナタ第1番ヘ長調
テレマン/カンタータ《諸々の国人よ、聞き多給え》
【出演】
ソプラノ:石井高子
リコーダー:荒川恒子
ヴィオラ・ダ・ガンバ:品川 聖
チェンバロ:寺村朋子
【会場】
東京オペラシティ3F 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,500


【日時】
7月23日(日)/
昼の部 13:00〜
夜の部 15:45〜
【タイトル】
こかげバロック
〜笛とチェンバロによる17,8世紀の宮廷の響き〜
【出演】
チェンバロ:加久間朋子(弊社音楽教室講師)
リコーダー:阿部等
リコーダー・バロックギター:大喜多陽子
【会場】
Studio&Cafe Ko.Ku.Bu
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,000 (チケットのお取り扱いあります。)
各回30席につき、ご予約をおすすめします
お問い合せ
メール:peppermuse.2011@gmail.com(大喜多)
電話:090-5518-8865 FAX:042-307-8381(阿部)


【日時】
7月23日(日)/14:30
【タイトル】
藍原ゆき&秋山幸生
「Plainte 嘆き」

<プログラム(予定>
嘆き、アラベスク、サント=コロンブ氏に捧げるトンボー/M.マレ
プレリュード、アルマンド、嘆き/L.de.C.デルヴロワ
【出演】
ヴィオラ・ダ・ガンバ:藍原ゆき
テオルボ、バロックギター:秋山幸生
【会場】
ラ・リール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,500 (チケットのお取り扱いあります。)
お問い合せ
yuena-1031@wcv.jp


【日時】
7月23日(日)/2回公演
お昼の部/13:00 (開場12:45)
夕方の部/15:45 (開場15:30)
【タイトル】
こかげバロック〜笛とチェンバロによる17,8世紀宮廷の響き〜

<プログラム(予定>
ガスパール・ル・ルー/組曲ヘ長調
ボワモルティエ/組曲Op.35-4
J.S.バッハ/トッカータ ホ短調BWV914
J.S.バッハ/トリオ・ソナタ ト長調BWV1039

【出演】
リコーダー:阿部 等
リコーダー、バロックギター:大喜多陽子
チェンバロ:加久間朋子(弊社音楽教室チェンバロ科講師)
【会場】
Studio&Cafe Ko・Ku・Bu
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
各回¥2,000 (チケットのお取り扱いございます)
※各回30席


【日時】
7月26日(水)/14:00 (開場13:30)
【タイトル】
gmtと12ヶ月の音あそび〜夏休み 親子で楽しむコンサート〜旅の音絵本Vol.4(東京公演)

<プログラム(予定)>
ちょうちょう、山のおんがくか、大きなくりの木の下で、たのしいクリスマス

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
うた:おぐら まや
リコーダー:ほそおか ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ、ゴシックハープ:やの かおる
【会場】
東京オペラシティ3F 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
親子ペア¥2,500 一般¥2,200 小学生以上¥1,000 未就学児¥500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月26日(水)/19:00 (開場18:30)
【タイトル】
古楽アンサンブルgmt公演Vol.4〜愛と情熱のスカルラッティ(東京公演)

<プログラム(予定)>
カンタータ「あなたへの愛に身を焦がし」
優雅で歌の巧みな小鳥よ
シンフォニア ト長調
チェロ・ソナタ ハ長調

【出演】
【古楽アンサンブルgmt】
ソプラノ:小倉麻矢
リコーダー:細岡ゆき
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ:矢野 薫
【会場】
東京オペラシティ3F 近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,000 学生¥2,000 シルバー(65歳以上)¥2,500(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月28日(金)/19:00
【タイトル】
バビロンの川のほとりに〜きたドイツの合唱作品を集めて〜

<プロブラム(予定)>
ブクステフーデ/イエスよ、わが喜び
ブクステフーデ/ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音のためのソナタ第4番
トゥンダー/主が家を建てないところで
プフレーガー/バビロンの川のほとりに
ベルンハルト/主よ、今こそ あなたの僕を
ヴェックマン/主がシオンの捕らわれ人を救ったとき

【出演】
ソプラノ:藤崎美苗、澤江衣里
アルト:青木洋也
テノール:中嶋克彦
バリトン:加耒 徹
ヴァイオリン:原田 陽、大鹿由希
ヴィオラ・ダ・ガンバ:小池香織、鬼澤悠歌
ヴィオローネ:角谷朋紀
オルガン:山縣万里
【会場】
日本福音ルーテル東京教会
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥4,000 (チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月29日(土)/14:00 (開場13:30)
【タイトル】
開港記念会館で祝う〜バッハの音楽劇〜

<プログラム(予定)>
J.S.バッハ/ドラマペルムジカ「たのしきヴィーダアウよ」BWV30a
J.S.バッハ/狩りのカンタータ「楽しき狩りこそ我が悦び」BWV208
【出演】
ソプラノ:木島千夏、加藤詩菜
メゾソプラノ:曽禰愛子
テノール:石川洋人
バス・バリトン:藤井大輔
バロック・ヴァイオリン:小野萬里
ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井 茂
チェンバロ:寺村朋子
ナチュラル・ホルン:慶野未來、飯島さゆり
バロック・オーボエ:大山有里子、今西香菜子
バロック・ファゴット:永谷陽子

【アンサンブル山手バロッコ】
フラウト・トラヴェルソ、リコーダー:曽禰寛純
バロック・オーボエ、オーボエ・ダカッチャ、ファゴット:石野典嗣
バロック・ヴァイオリン、バロック・ヴィオラ:角田幹夫、原田純子、山口隆之、小川有沙
コントラバス:飯塚正己
【会場】
横浜市開港記念会館講堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥2,000
※ご予約、お問い合わせは esyamasemi@yahoo.co.jp まで。コンサート名・お名前・枚数を明記してご連絡ください。


【日時】
7月30日(日)/19:15 (開場18:45)
【タイトル】
合唱団フォンス・フローリス第1回コンセール・スピリチュエル
ヴェルサイユのグラン・モテ

<プログラム(予定)>
ニコラ・ベルニエ/主に向かって新しい歌を歌え、わたしをあわれんでください、神よ
アンドレ・カンプラ/天の元后、喜んでください
【出演】
【独唱と管弦楽】古楽アンサンブル コントラポント
ソプラノ:花井尚美、田村幸代
オートコントル:金沢青児
テノール:富本泰成
バス:春日保人
ヴァイオリン:丸山 韶、天野寿彦、阪永珠水、寺内詩織
ヴィオラ:阿部まりこ、上田美佐子、佐藤駿太、丹沢弘樹
バス・ド・ヴィオロン:西澤央子、十代田光子
フルート:菊池かなえ、国枝俊太郎
オーボエ:尾崎温子
ファゴット:鈴木 禎
テオルボ:金子 浩
オルガン:上尾直毅

【合唱】合唱団フォンス・フローリス
【指揮】花井哲郎
【会場】
渋谷区文化総合センター大和田 4階さくらホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,500 学生¥2,500(要学生証ご提示)(チケットのお取り扱いございます)


【日時】
7月30日(日)/2回公演
1st/14:00 (開場13:30)
2nt/17:00 (開場16:30)
【タイトル】
2017第五日曜日 ライブシリーズ <Bonus Track>Vol.1-木漏れ日のコンセール-

<プログラム(予定)>
エイク/涙のパヴァーヌ
ボアモルティエ/組曲<田園の愉悦>
マティエス/スコッチ風ユーモアによるグラウンド

【出演】
リコーダー、フラウト・トラヴェルソ:吉澤 徹
リュート:櫻田 亨
【会場】
榎の樹ホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
各回一般¥3,000 高校生以下¥2,000(チケットのお取り扱いございます)

1 2 3 4