コンサート情報

ギター 古楽 その他

※ボタンをクリックすると該当するコンサート情報が絞り込まれて表示いたします。
こちらの情報は随時更新されます。「その他」のカテゴリーは講習会やイベントなどの情報です。
(チケットのお取り扱いございます)と表記のあるものは、当社からチケットをご購入頂けます。

【チケットのご購入方法】


(1)ご来店
お支払い方法:現金のみ(クレジットカード不可)

(2)ご郵送
お申込み受付期限:公演日の約1週間前まで。
お支払い方法:郵便振替または銀行振込(コンビニ決済不可)

※チケットと一緒にお振込み案内を同封いたします。郵便振替をご希望の場合は専用の振替用紙を同封いたします。お手元に届き次第お支払いをお願いいたします。送料および振込手数料はお客様負担となります。

※ご注意:お申し込み後のキャンセルおよび払い戻しは承りません。公演、会場、当日券の有無につきましては主催元様へ直接お問い合わせ下さい。

1 2 3 

シリーズ・イベント、講習会等

【日時】
パート1&2:2月13日(土)配信開始
パート3&4:3月13日(土)配信開始
パート5&6:4月10日(土)配信開始
【タイトル】
イ・フィラトーリ・ディ・ムジカ YouTubeオンライン講座Vol.1
クリストフ・ベルンハルトのフィグーラ〜17世紀イタリアの音楽作品の理解のために〜
【概要】
17世紀ドイツの音楽家クリストフ・ベルンハルト Christoph Berunhard(1628-1692)が、1657年頃に書いたとされる『作曲法教程 Tractatus compositionis augmentatus』に収められている修辞学的フィグーラについて見ていく講座です。

〜『作曲法教程』について〜
ベルンハルトは、当時最先端だったイタリアの音楽を積極的に学びました。クラウディオ・モンテヴェルディやジョバンニ・ガブリエッリに師事したハインリヒ・シュッツの下で学び、2度のイタリア旅行や自身の勤めていたドレスデン宮廷に呼び寄せられたイタリア人音楽家たちに囲まれて仕事をしていきながら、『新しい様式』の音楽を学んでいきました。

出版はされず、手稿のみで伝えられている『作曲法教程』の第16章から第43章には、イタリア音楽で使われていた不協和音、『フィグーラ Figura』に対して名前を付けてまとめ、さらにそれらを3つの様式に分類することによってわかりやすく記述しています。

この論文はヨハン・マッテゾンをはじめ、ドイツの理論書では度々引用されることがあり、のちの18世紀の音楽を分析するのにも大変有効です。

今回は17世紀イタリアの音楽や、ベルンハルトの師であるシュッツの作品の中に使われているフィグーラを紹介しながら、じっくり見ていきます。演奏をするプロ、専門生、愛好家の方だけではなく、初めての方、聴く専門の方にも楽しんでいただければ幸いです。バロック音楽の『いびつな』美しさの秘密を少し探ってみませんか?
【各回内容】
<第1回配信 2月13日〜)
パート1:クリストフ・ベルンハルトの紹介と対位法、特に終止形の基礎情報
パート2:スティルス・グラーヴィス Stylus gravisについて

<第2回配信 3月13日〜>
パート3:通常のスティルス・リュクスリアンス Stylus luxurians communisについて前編
パート4:通常のスティルス・リュクスリアンス Stylus luxurians communisについて後編

<第3回配信 4月10日〜>
パート5:劇場風スティルス・リュクスリアンス Stylus luxurians theatralisについて前編
パート6:劇場風スティルス・リュクスリアンス Stylus luxurians theatralisについて後編
【講師】
曽根田 駿(チェンバロ/古典ハープ奏者)

<プロフィール>
愛媛県出身。4歳からピアノを始め、高校在学中にチェンバロに出会い転向する。東京芸術大学音楽学部器楽科チェンバロ専攻卒業。

2015年より渡仏し、リヨン国立高等音楽院のチェンバロ専攻学士課程に在学。2018年に演奏家ディプロマを取得した。2018年より、同校のチェンバロ(通奏低音/コレペティ)専攻修士課程に通学。演奏家としてバロックダンスへの深いアプローチを試み、『ボーシャン=フイエ記譜法の普及と18世紀イギリス音楽への影響』のテーマで研究を進める。2020年に修了。2018年より同校古楽ハープ学士課程在学。2020年に演奏家ディプロマを取得。在学中、本専攻の他に中世、ルネサンス、バロック音楽理論及び即興をR.ピカゾ氏、B.ジャナン氏、歌唱法をA.ドゥラフォース氏と共に学ぶなど、他分野にも大きく視野を広げた。

ピアノを冨永啓子氏、チェンバロを石川陽子、大塚直哉、西山まりえ、Y.レヒシュタイナー、J.-M.エイム、D.ベルナー、A.-C.ヴィネイ各氏に師事。古楽ハープを西山まりえ、A.モイヨンの各氏に師事。

東京芸大在学中より『ソレイユ・ルヴァン』、『アンサンブル・W』をはじめとする様々なアンサンブルとも共演し、ソロ、通奏低音として活動。音楽祭 Mars en baroqueでマスタークラスの伴奏員を務め、演奏会に多数出演する。現在、御茶ノ水・アイゼハナ音楽院講師。

公式HP:https://www.i-filatori-di-musica.com/
【料金】
<一般の方>
各回個別でのご購入の場合:1回¥2,000
全6回まとめてご購入の場合:¥10,000

<学生の方(30歳以下)>
各回個別でのご購入の場合:1回¥1,000
全6回まとめてご購入の場合:¥5,000

*配布資料(PDFまたは郵送)あり。※郵送をご希望の場合は送料をご負担いただきます。

*第1回目の配信開始から視聴期間終了日の5月8日までメール等でのご質問、ご意見、ご感想を受付けています。
【お申し込み】
お申し込みフォーム、もしくはメール( ensemble.5te.s@gmail.com )にてお申し込み下さい。

1月のギターコンサート

【日時】
1月16日(土)/2回公演
マチネ/14:00(開場13:15)
ソワレ/17:00(開場16:15)
【タイトル】
福田進一 ニューイヤーコンサート2021〜新しい年に期待を込めて

<マチネ プログラム(予定)>
ヴァイス(福田進一・編)/ファンタジアとパッサカリア
テレマン(福田進一・編)/ファンタジア第6番ホ短調
ブラームス(鈴木大介・編)/間奏曲Op.118-No.2
菅野祐悟/幸福の硬貨〜映画「マチネの終わりに」より
ポンセ/スペインのフォリアによる20の変奏曲とフーガ

<ソワレ プログラム(予定)>
ミラン/2つのファンタジア
ヴァイス(福田進一・編)/組曲第25番イ短調「異邦人」
タレガ/椿姫による幻想曲
菅野祐悟/幸福の硬貨〜映画「マチネの終わりに」より
ヴィラ=ロボス/ガヴォット・ショーロ
C=テデスコ/ソナタ「ボッケリーニ讃歌」
【出演】
ギター:福田進一
【会場】
Hakuju Hall
【指定席/自由席】
全席指定
【価格(前売り)】
各公演¥4,000 マチネ・ソワレ通し券¥7,000(限定20席)
※お問い合わせは現代ギター社GGショップ(03-3530-5342)まで。
※チケットはHakuju Hall オンラインチケット予約イープラスカンフェティチケットセンターチケットペイGGショップ(現代ギター社)(※店頭販売)でお求めいただけます。

※本公演はコロナウイルス感染拡大防止のため、座席数を両公演とも制限しての配席とさせていただきます。尚、今後の感染状況により対応を変更させていた頂く場合がございます。詳細及び最新情報につきましては、現代ギター社HP、SNSでご案内させて頂きます。



※こちらの公演はコロナウイルス首都圏感染拡大をうけ、中止になりました。
【日時】
1月21日(木)
二部制(各回50分入れ替えあり)/16:00開演(15:30開場) 19:00開演(18:30開場)
【タイトル】
宵の会「夕べの讃歌」16:00開演
夜の会「気まぐれな恋の夜会」19:00開演

<プログラム・出演>

「夕べの讃歌」プログラム

夕べの讃歌(パーセル)
音楽に寄せて(シューベルト)
愛の讃歌(モノー)
セレナーデ(アーノルド) guitar&piano
アラベスク(シューマン) piano 他


「気まぐれな恋の夜会」プログラム

ハバネラ オペラ「カルメン」より(ビゼー)
セレナーデ オペラ「ドン・ジョヴァンニ」より(モーツァルト)
プロヴァンスの海と陸 オペラ「椿姫」より(ヴェルディ)
失われた恋(ジョゼフ・コズマ/武満徹編)guitar solo
エレジー(二橋潤一)guitar&piano 他

出演
坂下忠弘:歌
大萩康司:ギター
河野紘子:ピアノ
【会場】
豊洲シビックセンターホール
【指定席/自由席】
全席自由
【価格(前売り)】
一般¥3,500/通し券¥5,000 学生¥2,000/通し券¥3,000 ※価格各回共通
【お問い合わせ・チケット購入】
ダウランドアンドカンパニー
イープラス

1月の古楽コンサート

※新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い中止となりました。
【日時】
1月21日(木)/19:00(開場18:30))
【タイトル】
小池香織 ヴィオラ・ダ・ガンバ リサイタル
2nd ソロCDリリース記念(G.P.テレマンのヴィオラ・ダ・ガンバのための楽曲を収録)

<プログラム(予定)>
【オール・テレマン・プログラム】
ヴィオラ・ダ・ガンバ、弦楽と通奏低音のための組曲ニ長調TWV55:D6
ヴィオラ・ダ・ガンバ、2つのヴァイオリンと通奏低音のためのコンチェルト イ長調TWV51:A5
ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ホ短調TWV41:e5
ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ イ短調TWV41:a6
ヴァイオリンとヴィオラ・ダ・ガンバ、通奏低音のためのソナタ ホ長調TWV42:E6
【出演】
ヴィオラ・ダ・ガンバ:小池香織
バロック・ヴァイオリン:天野寿彦、堀内由紀
バロック・ヴィオラ:高岸卓人
バロック・チェロ:山本 徹
ヴィオローネ:角谷朋紀
チェンバロ:宮崎賀乃子
【会場】
三鷹市芸術文化センター「風のホール」
【指定席/自由席】
全席自由
【価格(前売り)】
¥3,500 (弊社にてチケットのお取り扱いございます)

※弊社店頭、並びに通信販売でチケットをご購入のお客様のお名前・ご住所・お電話番号を一定期間控えさせていただきます。CDセット券¥6,000は小池香織コンサート事務局(Tel:090-8328-4247 Mail:baroquelustre@yahoo.co.jp )のみのお取り扱いです。

<新型コロナウイルス感染拡大対策についてご来場の皆様へお願い>
・収容人数625名のところ、半数以下のご入場者数で開催させていただきます。他のお客様と十分にお席の間隔を取ってお座り下さい。

・マスク着用及び入場時に消毒をお願いいたします。

・発熱、咳など体調不良の方はご来場をお控えください。



【日時】
1月22日(金)/19:00開演(18:30開場)
【タイトル】
2台のチェンバロ 4つの国

<プログラム(予定)>
イタリア ロッシ:トッカータ7番
フランス ル・ル:2台チェンバロの組曲 ニ長調
ドイツ バッハ:2台チェンバロのコンチェルト ハ長調

【出演】
土居瑞穂、寺村朋子
【会場】
鶴見区民文化センター サルビアホール3F 音楽ホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般:3,700 ペア7,000 ※当日券販売なし
【予約・お問い合わせ】
ヴィア・ガレリア(045-961-0813)


【日時】
1月28日(木)/19:00(開場18:00))
【タイトル】
アンサンブル山手バロッコ演奏会“洋館で親しむバロック音楽”シリーズ
西洋館で親しむ「若きベートーヴェンとフォルテピアノ」

<プログラム(予定)>
アーベル/ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタホ短調WK150
J.C.バッハ/フォルテピアノ ソナタ イ長調Op.17-5
ハイドン/クラヴィーアのためのソナタ ハ短調Hob.XVI:20
ベートーヴェン/フォルテピアノ ソナタ第8番ハ短調「悲愴」より第2楽章
ベートーヴェン/フルートとフォルテピアノのためのセレナーデ ニ長調Op.41

【出演】
【アンサンブル山手バロッコ】
フォルテピアノ:寺村朋子
クラシカル・フルート:曽禰寛純
ヴィオラ・ダ・ガンバ:加藤久志
【会場】
横浜市イギリス館
【指定席/自由席】
全席自由
【価格(前売り)】
¥2,000(予約制)
※ご予約は、開催可否や感染症拡大防止などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、コンサート名・お名前・枚数に加え、ご住所・お電話番号を明記の上、電子メールで山手バロッコ( esyamasemi@yahoo.co.jp )までご連絡下さい。

尚、今後の感染状況のへんかによりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。当日は入場時の検温、手指の消毒、マスク着用などのご協力をお願いする予定です。


【日時】
1月30日(土)/14:00(開場13:00))
【タイトル】
コロンブス大航海時代の音楽〜古の音、スペイン黄金世紀のビウエラ歌曲〜Vol.VII

<プログラム(予定)>
ムダーラ/険しい道を通って
ダサ/私の心に刻まれたあなたの表情
ナルバエス/ラミロ王は既に着席された(ビウエラ・ソロ)
フエンリャーナ/私の愛は・・・(ビウエラ・ソロ)

【出演】
ソプラノ:岩崎芳佳
ビウエラ/水戸茂雄(弊社音楽教室リュート科講師)
【会場】
Galerie la(ギャルリー・ラー)
【指定席/自由席】
全席自由
【価格(前売り)】
¥3,500(ワンドリンク付き)
※定員25名(定員40名のところ、感染症対策の一環として人数を制限してまいります。何卒ご了承下さい)完全予約制。
※ご予約、お問い合わせはメール( entry@salondela.com )、もしくはお電話( 03-6228-6108 )まで、「ビウエラ・コンサート予約」とお申込み下さい。

2月の古楽コンサート

【日時】
2月9日(火)/2回公演
1回目/16:00(開場15:30)
2回目/19:00(開場18:30)
※いずれも休憩なし約1時間の公演です。
【タイトル】
DUO〜池田梨枝子&山縣万里〜

<プログラム(予定)>
J.S.バッハ/ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ第4番 ハ短調
(16時公演)

J.S.バッハ/ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ第6番 ト長調
(19時公演)

C.P.E.バッハ/ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ 変ロ長調Wq.77
(16時公演)

C.P.E.バッハ/ヴァイオリンとオブリガートチェンバロのためのソナタ ロ短調Wq.76
(19時公演)

モーツァルト/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
【出演】
ヴァイオリン:池田梨枝子
チェンバロ:山縣万里
【会場】
五反田文化センター 音楽ホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥3,000 ※2公演セットは¥5,000
※ご予約、お問い合わせはマツシタまで。(Mail:rufficiono@gmail.com Tel:090-4124-8526)
※新型コロナウイルス感染症対策として、座席数を制限しての公演となります。マスクの着用、検温、手指の消毒等、感染対策にご協力ください。



【日時】
2月12日(金)/14:00開演(13:30開場)/19:00開演(18:30開場)
【タイトル】
木村睦幸のバロック音楽サロン vol.1

<プログラム(予定)>
オトテール:組曲 作品5の4
ヘンデル:リコーダー、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ
ランゼッティ:チェロソナタ 嬰ヘ短調 作品1の10
ヴェラチーニ:リコーダーソナタ 第4番 変ロ長調
【出演】
リコーダー:木村 睦幸
バロックチェロ:山本 徹
チェンバロ:根本 卓也
バロックヴァイオリン:廣末 真也
【会場】
鶴見区民文化センター サルビアホール3F 音楽ホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般:4,200 ペア7,700 ※当日券販売なし
【予約・お問い合わせ】
ヴィア・ガレリア(045-961-0813)


【日時】
2月13日(土)/14:00(開場13:30)
【タイトル】
アンサンブル山手バロッコ演奏会 横浜開港祈念コンサート
古楽器の響きで味わう「テレマン 食卓の音楽 第3集」

<プログラム(予定)>
【G.Ph.テレマン 食卓の音楽 第3集(全曲)】
2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための序曲 変ロ長調TWV55:B1
フルートヴァイオリン、チェロと通奏低音のための四重奏曲 ホ短調TWV43:e2
2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調TWV54:Es1
2つのフルートと通奏低音のためのソナタ ニ長調TWV42:D5
オーボエと通奏低音のためのソナタ ト短調TWV41:g6
2つのオーボエ、弦楽合奏と通奏低音のための終曲 変ロ長調TWV50:10

【出演】
【ゲスト】
フラウト・トラヴェルソ:高橋理恵子
バロック・オーボエ:大山有里子、今西香菜子
ナチュラル・ホルン:慶野未来、飯島さゆり
ヴィオラ・ダ・ガンバ:坪田一子

【アンサンブル山手バロッコ】
フラウト・トラヴェルソ:曽禰寛純
バロック・ヴァイオリン:角田幹夫、大澤信行、原田純子、伊藤弘洋
バロック・ヴィオラ:小川有沙
コントラバス:飯塚正己
チェンバロ:和田 章
【会場】
神奈川県民ホール 小ホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
¥3,000(170席・予約制)
※ご予約は、開催可否や感染症拡大防止などの対応のご連絡が迅速に行えるよう、コンサート名・お名前・枚数に加え、ご住所・お電話番号を明記の上、電子メールで山手バロッコ( esyamasemi@yahoo.co.jp )までご連絡下さい。

尚、今後の感染状況のへんかによりましては、止むを得ず演奏会を中止することもございます。当日は入場時の検温、手指の消毒、マスク着用などのご協力をお願いする予定です。


【日時】
2月27日(土)/14:30開演(14:00開場)
【タイトル】
新時代への輝き、バロックの目覚め
〜心躍るオスティナートの調べにのせて〜(平塚公演)

<プログラム(予定)>
A.ファルコニエーリ/甘き旋律、フォリアス
S.ロッシ/ベルガマスカによるソナタ第12番
D.カステッロ/ソナタ第1番

【出演】
リコーダー:細岡ゆき、中島恵美
ヴィオラ・ダ・ガンバ:なかやまはるみ
チェンバロ:曽根田 駿
【会場】
旧横浜ゴム平塚製作所 八幡山の洋館
【指定席/自由席】
自由席(36席限定)
【価格(前売り)】
一般¥3,500 学生(大学生以下)¥2,000

※新型コロナウイルス感染予防策として座席数を制限させていただいております。
※ご予約、お問い合わせはフラウト・カンタービレ事務局(Tel:050-5240-0345 Mail: flauto_cantabile@yahoo.co.jp )、イ・フィラトーリ・ディ・ムジカ HP内お問い合わせ申し込みフォームからどうぞ。


【日時】
2月28日(日)/14:30開演(14:00開場)
【タイトル】
イタリアバロック音楽の変遷vol.35

<プログラム(予定)>
A.ストラデッラ:シンフォニア 第3番
J.チーマ:「教会コンチェルト集」よりソナタ
J.バッサーノ:「スザンヌはある日」によるディミニューション
ほか

【出演】
リコーダー:太田光子
チェンバロ:平井み帆
【会場】
近江楽堂
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般 3,500(弊社にてチケット販売中)/学生 2,000
※2回通し券はミューズコンサート企画のみお取り扱い

2月のギターコンサート

【日時】
2月11日(木・祝)/19:00(開場18:40)
【タイトル】
鈴木大介 ギターリサイタル

<プログラム(予定)>
J.S.バッハ〜鈴木大介・編/組曲ト長調BWV1009(原曲:無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調)
シューベルト〜メルツ編/6つの歌曲
ポンセ/ソナタ・ロマンティカ「シューベルトを讃えて」

【出演】
ギター:鈴木大介
【会場】
J:COM 浦安音楽ホール・コンサートホール
【指定席/自由席】
自由席
【価格(前売り)】
一般¥3,500 高大生¥1,000 小中生¥100
※定員303名
※チケットはイープラスでお求めいただけます。

【COVID-19対策のお知らせ】
新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、検温、マスク着用、手指消毒、連絡先記帳、会話の自粛、ソーシャルディスタンスの確保、などの対策を取らせていただく予定です。ご来場の皆様のご理解とご協力を宜しくお願いいたします。



【日時】
2月27日(土)/19:00開演(18:30開場)
【タイトル】
細井 智 ギターリサイタル

<プログラム(予定)>
プログラム: 第1部:
G線上のアリア 管弦楽組曲 第3番ニ短調 第2曲/J.S.バッハ
シャコンヌ パルティータ第2番より/J.S.バッハ
私を泣かせてください(歌劇「リナルド」より)/G.F.ヘンデル

第2部:
大聖堂/A.バリオス
ラグリマ、アデリータ、アルハンブラの想い出/F.タレガ
アストゥリアス/I.アルベニス
序奏とカプリス op.23/G.レゴンディ

【出演】
ギター:細井 智
【会場】
自由学園明日館ラウンジホール
【指定席/自由席】
自由席※限定30席
【価格(前売り)】
4,000
【チケット購入・お問い合わせ】
細井 智 TEL090-1773-2134 E-mail:hosoi@music.email.ne.jp

1 2 3